アウディ「TT」22年目で生産終了となる事情

革新的デザインのクーペがその役割を終える時

現在の「TTシリーズ」は3代目。2015年に登場している(写真:アウディ)

2020年7月14日、アウディ・ジャパンは50台限定のアウディ「TTロードスター ファイナルエディション」を発表した。発売は9月15日だ。名称からも察せられるように「TTロードスター」は、このファイナルエディションが最後の限定車となり、2020年内に生産終了となる。

「TTクーペ」の生産は以後もしばらく継続されるようだが、TTシリーズは現世代で終了となり、次世代はない。代わりに後継モデルではなく、別の電動車が投入されると言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

TTシリーズは、1998年にTTクーペ、その2年後となる2000年にオープンバージョンとなるTTロードスターが追加。2度のモデルチェンジを経て、20年以上続く人気のシリーズとなった。

では、このTTシリーズが築いたものは何であったのだろうか。

アウディのマイルストーン

TTシリーズのコンセプトが発表されたのは、1995年。円をモチーフに研ぎ澄まされた造形は、当時としては非常に衝撃的であった。戦前のドイツの芸術運動であるバウハウスを彷彿させる、まるでアート作品のようなデザインであったのだ。

その3年後となる1998年、量産車がコンセプトカーそのままの姿で発売された。誰もが「アウディから、すごいデザインのクルマが登場した」と驚いた。ただし、あまりに極端な造形であったため空力特性が悪く、超高速域で不安定になる問題が露見。慌てて空力を整えるリアウイングが追加された。しかし、そんな問題があっても、TTシリーズは世界中の注目を集めることに成功した。

初代アウディ「TTクーペ」’(写真:アウディ)

今、振り返ってみれば、TTシリーズはアウディのマイルストーン的な存在であったと言える。なぜなら、当時のアウディは、自身の立ち位置を模索していた真っ最中であったからだ。

TTシリーズが登場する1990年代は、アウディにとって変化の時代であった。1980年代までの「80シリーズ」や「100シリーズ」のような数字のモデル名から、「A4」「A6」という「アルファベット+数字」の名称に変わったのは1990年代のこと。しかし、その変化は迷走のようにも見えた。

次ページブランドの方向性を明快に示した「TT」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT