アウディ「TT」22年目で生産終了となる事情

革新的デザインのクーペがその役割を終える時

現在の「TTシリーズ」は3代目。2015年に登場している(写真:アウディ)

2020年7月14日、アウディ・ジャパンは50台限定のアウディ「TTロードスター ファイナルエディション」を発表した。発売は9月15日だ。名称からも察せられるように「TTロードスター」は、このファイナルエディションが最後の限定車となり、2020年内に生産終了となる。

「TTクーペ」の生産は以後もしばらく継続されるようだが、TTシリーズは現世代で終了となり、次世代はない。代わりに後継モデルではなく、別の電動車が投入されると言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

TTシリーズは、1998年にTTクーペ、その2年後となる2000年にオープンバージョンとなるTTロードスターが追加。2度のモデルチェンジを経て、20年以上続く人気のシリーズとなった。

では、このTTシリーズが築いたものは何であったのだろうか。

アウディのマイルストーン

TTシリーズのコンセプトが発表されたのは、1995年。円をモチーフに研ぎ澄まされた造形は、当時としては非常に衝撃的であった。戦前のドイツの芸術運動であるバウハウスを彷彿させる、まるでアート作品のようなデザインであったのだ。

その3年後となる1998年、量産車がコンセプトカーそのままの姿で発売された。誰もが「アウディから、すごいデザインのクルマが登場した」と驚いた。ただし、あまりに極端な造形であったため空力特性が悪く、超高速域で不安定になる問題が露見。慌てて空力を整えるリアウイングが追加された。しかし、そんな問題があっても、TTシリーズは世界中の注目を集めることに成功した。

初代アウディ「TTクーペ」’(写真:アウディ)

今、振り返ってみれば、TTシリーズはアウディのマイルストーン的な存在であったと言える。なぜなら、当時のアウディは、自身の立ち位置を模索していた真っ最中であったからだ。

TTシリーズが登場する1990年代は、アウディにとって変化の時代であった。1980年代までの「80シリーズ」や「100シリーズ」のような数字のモデル名から、「A4」「A6」という「アルファベット+数字」の名称に変わったのは1990年代のこと。しかし、その変化は迷走のようにも見えた。

次ページブランドの方向性を明快に示した「TT」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT