酒飲みにありがたい「チーズのすごすぎる効能」 美味しいチーズ選び「6タイプ」覚えるだけでOK

拡大
縮小

チーズは大きく分けて7タイプあります。日本人に一番馴染みのある「プロセスチーズ」はそれはそれで美味しいのですが、コーヒーで例えると「インスタントコーヒー」のようなもの。今回は一旦選択肢から除外します。

「チーズの王道」6タイプ

残る6タイプは、すべてナチュラルチーズです。すべてのチーズは、ミルクを温めるところから作られます。それに“レンネット”と言われる酵素、あるいは熱や乳酸菌を加えて固めます。そのあとどう仕上げるかによって、チーズは以下の6つのタイプに分かれます。

[①フレッシュ]は、固めたミルクからある程度水を抜いて、「おしまい!」にしたものです。見た目は豆腐っぽく、あっさりしていて食べやすいです。

[②ハード/セミハード]は、固めたミルクから水分を飛ばし、プレスして、数カ月から数年間「熟成」させたものです。見た目は昔のアニメでねずみがかじっているあのチーズです。旨味が強くて、中華用調味料のようです。

[③白カビ]はチーズの表面にさらに白カビを吹きつけて「熟成」させたものです。見た目は「カマンベール」です。味は作り方によって大きく変わり、バターみたいな“お子様向け”もあれば、お漬物みたいな匂いがする“ツウ仕様”なものもあります。

(出典:『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』より)

[④青カビ]はチーズに串を刺して青カビをつけて、そのカビを「繁殖」させたものです。見た目は、いわゆる「ゴルゴンゾーラ」。乳くさくて、塩気が強くて、舌がピリピリします。

[⑤ウオッシュ]は塩水などで洗いながら「熟成」させたものです。見た目は、一瞬だけ焼き立てチーズケーキです。青カビとはベクトルの違う、納豆的なくささを放ちます。

[⑥シェーブル]は山羊乳を使って、塩や木炭などをまぶして熟成させたものです。木炭をまぶしたものは、見た目がまるで石のようです。においは人によっては「動物園」を感じます。

このように、匂いやクセが強いものも多いですが、一度食べていただいて、そのクセがいけると思ったら、どんどんハマっていけるはずです。

次ページ初心者におすすめなのは3つのタイプ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT