女子に人気、寝台特急「サンライズ」の魅力とは

鉄道ファンとマニアのボーダーラインはどこだ

携帯電話で同行していたらしい友人に焦りながら電話している。その後、児島駅に停車してすぐ、迎えに来た駅員さんの案内で、走ってどこかへ向かった。

こういう場合どうするのかと調べたら、児島駅に6時53分に到着した後、7時17分発のマリンライナーで折り返せば岡山駅7時46分着、8時5分発の特急やくもで出雲市駅に11時4分に到着できる。

ちなみにサンライズ出雲の出雲市駅到着は9時58分。同行者がいるなら荷物も運び出してくれただろうし、1時間程度なら、そんなにロスでもないだろう。私が書いた小説の登場人物のように、おっちょこちょいな人もいるものだ、と思った。

前回、琴平まで行った際は、高松駅で30分も停車するとは知らず過ごしてしまったが、今回は停車している間に連絡船うどんを食べることができた。連絡船うどんとは、高松駅構内にある、讃岐うどんの有名店。駅そばのような感覚で、うどんを食べることができる。その後、列車は無事に琴平駅に到着、私はこんぴらさんに向かった。

16回目の旅は?

2017年に再び出雲市へ、1人で往復乗車。2018年夏は、年に一度だけ営業する臨時駅・津島ノ宮駅に行くために、高松まで乗車した。

サンライズのシングルツイン(筆者撮影)

そして今年、2020年1月のことだ。バースデーきっぷで四国の観光列車を満喫した私は、サンライズで旅を締めようとしていた。回数でいうと、16回目になるはずだった。

高松駅を21時26分に発車するサンライズ瀬戸に、私はいつものように、食べ物とお酒などを買い込み、シングルツインを1人仕様にし、道中を楽しむ準備に余念はなかった。

次ページなんと運行取りやめに
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT