新幹線が開業すれば「安く速く」なりそうな区間

建設中の路線から実現性は「?」の路線まで

四国新幹線の実現を求める看板。新幹線計画は全国各地にある(撮影:尾形文繁)

新幹線は乗車券に加え、1駅最低でも870円の特急料金を追加購入しなければ乗れないものだが、区間によっては在来線運賃(特急がある場合は特急料金も)と新幹線の運賃・特急料金の合計を比べると、新幹線のほうが安かったり、大差なかったりする区間が存在する。

5月30日付の記事「意外?在来線より『新幹線のほうが安い区間』5選」や、7月10日付の記事「『在来線+α』で大幅時短、お得な新幹線区間10選」ではそのような区間を紹介したが、今回は「新幹線が開業すれば在来線より運賃が安くなりそうな区間」を取り上げたい。

全国では、2022年度開業予定の九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)武雄温泉―長崎間をはじめ、2030年度開業を目指す北海道新幹線・新函館北斗―札幌間、そして最近話題のリニア中央新幹線など、今後も新幹線の計画がある。新幹線開業による所要時間の短縮はよく取り上げられるが、運賃・料金はどうなるだろうか?

なお、本記事の新幹線運賃・料金は計画資料などに基づいて筆者が試算したもので、実際の開業時の運賃・料金とは異なる可能性がある点は注意いただきたい。

長崎新幹線の効果は?

<九州新幹線(長崎新幹線) 武雄温泉―新大村間>

佐賀県の「全線フル規格化反対」で今後の動向が注目される九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)だが、武雄温泉―長崎間は2022年度の開業が決まっている。このうち、武雄温泉から嬉野温泉を経て新大村に至る区間は在来線をショートカットするルートだ。

新大村駅は大村線の諏訪駅から少し離れたところにできる。在来線の諏訪駅を基準にするならば、武雄温泉―早岐―諏訪で61.0km、地方交通線運賃で1310円だ。一方、長崎新幹線の武雄温泉―新大村間は計画図面によれば32.2km。するとルートが短くなるだけでなく、より安い幹線運賃が適用されて670円となるはずだ。これなら在来線より実に640円も安い。想定される新幹線特急料金1260円を足しても1930円。620円の追加で新幹線が利用できそうだ。

次ページ北海道新幹線はあと10年で札幌へ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT