意外と知らない「アジア家電市場」の実態

わずか1年で売れ筋は激変

東芝がインドネシアで販売する二層式洗濯機

すでにパナソニック、シャープ、日立製作所、東芝といった日本の大手家電メーカーも、アジア市場で白モノ家電の拡販に力を入れている。大型2ドア冷蔵庫や2槽式洗濯機などは日本では一時代前の商品。が、アジアでは現役。それどころか主力商品である。

だからといってどの国でも同じものが売れる訳ではなく、国ごと、地域ごとに求められる機能、好まれる色やデザインが異なっており、現地に密着したきめ細かいマーケティングが不可欠だ。

そのため日本の大手メーカーは、数年前から現地での開発機能を強化し、各国の生活様式に合わせた商品を配置している。アジア市場では富裕層向けの高級家電は欧州メーカーが得意としているが、市場規模は小さい。その下の中位機種が日本メーカーや韓国メーカーの得意分野。下位機種については、ハイアールなどの中国メーカーや地場メーカーが強みを持っている。これまでは下位機種が急成長を遂げてきたが、今後は経済発展に伴い中価格帯のユーザー増加が見込まれている。日本メーカーにもチャンスがめぐって来るわけだ。

厳しい価格要求

ただし「白モノ家電でも韓国サムスン電子のマーケティング力は長けている」(家電メーカー幹部)のが実情。さらに「地元の顧客からハイアールと同価格とは言わない、せめてサムスンと同じにしてくれと値切られる」(別の家電メーカー幹部)と一筋縄ではいきそうもない。

テレビやスマートフォンといったデジタル家電では、韓国や中国メーカーに惨敗してしまった日本の電機メーカー。しかし白モノ家電はモノ作りの要素が多く、省エネや堅牢性といった技術で日本の強みが発揮できる市場でもある。韓国や中国、欧州の家電メーカーがしのぎを削る中、日本勢が成長分野の白モノ家電でどこまで成長できるかが問われている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT