JR西日本「N700S」導入で迫る500系時代の終焉

8両編成で柔軟性発揮、九州新幹線にも登場?

製造費用上、あるいは車両のメンテナンス上、「のぞみ」用16両編成と「こだま」などの8両編成が同じ系列ならば、スケールメリットが享受でき、部品の共通化も図れて非常に好都合だ。普通車指定席の4列座席など、必要な仕様変更を加えたうえで「みずほ」「さくら」にN700系を導入したのも、こうした理由による。

山陽新幹線の「700系(ひかりレールスター)」(写真:F4UZR/PIXTA)

現在、16両編成を組むものだけで2700両以上が存在しているN700系の後継車として、同数程度の増備が予想されるN700Sを山陽新幹線の「こだま」にも入れ、合計で192両しか在籍していない500系、700系を淘汰しない理由はない。

さらに性能上、500系、700系よりN700Sの方が、とくに加減速度において優れている。「こだま」は頻繁に停車し、待避駅まで「のぞみ」などから逃げ切れるよう急加速、急減速が要求される。この点でも新型車両のメリットは大きい。ダイヤの全面的な見直しが可能ならば、「こだま」そのものの待避回数の削減、ひいては「のぞみ」「みずほ」などの所要時間短縮も図れる。

将来的には九州新幹線にも?

500系、700系が淘汰されれば、次の置き換え対象として考えられるのが、九州新幹線の800系か。2004年のデビューで、2009年には増備車も登場しているが、JR九州初の新幹線電車であるため、開発費用の削減を目的に車両技術自体は700系を基本にした。それゆえ、いささか旧式化している。

九州新幹線の「800系」(写真:tetsuo1338/PIXTA)

現在、九州新幹線内では、6両編成の800系と、8両編成のN700系が併用されており、N700系のみ山陽新幹線へ直通する。800系は9本54両と、すべての新幹線電車の中で最少数派であり、今後、次第に「異端」扱いされる事態も予想される。

もし需要や新製費用が許すならば、800系を8両編成のN700Sで置き換えれば、山陽新幹線「こだま」との共通運用も可能となる。最高運転速度300km/hの性能も持っているから、「みずほ」「さくら」とも運用が共通化できる。つまり、16両編成が充当される列車以外の、すべての山陽・九州新幹線の列車の「N700S(またはN700系)8両編成」への統一も視野に入る。

また、それより先に、2022年度に武雄温泉―長崎間が先行開業する予定の長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)にもN700Sの導入の可能性がある。どのような形で登場するのか楽しみなところであるが、同系列の性能上の「汎用性」を発揮する仕様であることは間違いないだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT