自販機オペレーター「残業代未払い」の残酷物語

休憩なしで帰宅は深夜、知られざる過重労働

飲料メーカーからすると、自販機から得られる利益はほかの販売チャネルよりも高い。コンビニでの販売には棚を確保するために販促費がかかるほか、キャンペーンのための費用もかかる。ドラッグストアやスーパーでの販売は大量販売できる反面、安値販売のため、飲料メーカーの利幅も小さい。

その点、自販機であればメーカー希望価格で売ることができる。そのため、飲料メーカーも自販機オペレーターも数年前まで「とにかく台数の拡大を重視してきた」(同)。売れ行きのよい立地だと自販機を複数台並べて、他社が設置できないような行為もあったという。その結果、自販機台数は過剰になった。

自販機増をもたらす「コラム料」の存在

ただ、コンビニコーヒーがヒットした2013年ごろから、自販機の販売数量は減っている。その中で自販機台数の削減がさほど進まないのは、自販機オペレーター側にも原因があると考えられる。支障になっていると思われるのが「コラム料」(場所代)の存在だ。

自販機オペレーターにはさまざまな業態があるが、特定1社の飲料メーカーとだけ取引する会社と、複数の飲料メーカーと取引する会社に大きく分けられる。後者が設置する自販機には、複数の飲料メーカーの商品が並べられる。そのような自販機は飲料メーカーからコラム料を受け取ることができる。

飲料メーカーがコラム料を払うのは、自販機に置いてあるだけで自社商品の宣伝になるからだ。いってみれば「場所代」になる。あるオペレーターはコラム料の旨味を次のように明かす。

「飲料メーカーによって額は異なるが、例えば1商品あたり月600円のコラム料でも、10商品になれば月6000円の収入となる。商品の売り上げをコラム料収入が上回ることもある。売上本数に関係なく払ってもらえるので、(コラム料のせいで)自販機を撤去する動機は減る」

次ページ追い打ちをかけた人手不足
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT