10年以内に「日本国民全員を踊らせる」男の告白

「SHOE DOG」に唸るダンス界の革命児FISHBOY

フィル・ナイトは「ビジネスはアートだ」とも言っていますし、先ほど触れたように、ダンス文化を広めるには、アート性とビジネスのバランスが大事だと思っていますが、僕にはつねに、アートにロジカルで挑んでいるという感覚があります。

挑むから新しい何かが生まれる

アートには、いろんな要素があって、複雑に絡まって結果が出るものですから、ロジックだけでは説明できません。「こうすれば、こうなるんじゃないか? ……ああ、違ったか!」ということの繰り返しです。

兄(オリエンタルラジオの中田敦彦氏)が中心となったRADIO FISHとしてリリースした曲『PERFECT HUMAN』(2016)も、兄が徹底的にロジカルに突き詰めた結果、ヒットした作品だと分析しています。

ただ、それでうまくいったからと言って、また同じロジックで作品を作っても売れない。人の興味の流動性や、なにかを認めるときのあやふやな基準、日ごと移りゆくトレンドの流れは、本当に予測不能なものです。そういった世の中のコミュニティーの動きも含めてのアート、ということなのだと思います。

それでも挑もうとしているから、何かが生まれるのでしょうね。これからも、延々とアートに挑戦していくんだろうなと思っています。だから楽しい。これからもダンスを知ってもらうために、面白いものを次々と打ち出していきたいと思っています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。