「保護犬」2匹の里親になった彼女が見た輪郭

犬も人間と同じようにそれぞれの性格がある

2匹目のギーはそうはいかなかった。ギーは、熊本県の震災で迷子になった犬が野犬化し、その何代目かで生まれた生粋の野良犬、と紹介された。でも、はっきりとしたことはわからないらしい。

前回の記事「心を開かない『元野良犬』を迎えた家族の大決断」(2019年12月7日配信)にも詳しく書いたが、ギーとは1歳のときに出会ったけれど、生まれてから山で暮らしていたためか、人慣れしておらず、心をまったく開いてくれなかった。

私の小さな経験談からでも、同じ保護犬のカテゴリーにくくられるけれど、見た目も性格も全然違う。

保護犬になった背景が違う犬たち

私が知っている元保護犬には、

・うけ口だったために売り物にならないと、子犬のうちに業者によって保健所に連れて行かれたトイプードル
・オカメと同じ繁殖小屋で8年間子犬を生み、栄養失調になり、顎の骨がとけてベロが出ているチワワ
・DVから逃れるため、泣く泣くシェルターに手放した犬

などがいるけれど、どの犬もみんな幸せな犬生を歩んだ。

保護犬といっても背景にある環境は本当にさまざまだ

ギーのいた保護団体の“いぬねこプロジェクト”の代表である渡辺さんに話を伺ったことがある。渡辺さんは『いとしのギー』の作中にも登場している。

次ページ保護された背景が違えば、それぞれ性格も違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT