「保護犬」2匹の里親になった彼女が見た輪郭

犬も人間と同じようにそれぞれの性格がある

2匹目のギーはそうはいかなかった。ギーは、熊本県の震災で迷子になった犬が野犬化し、その何代目かで生まれた生粋の野良犬、と紹介された。でも、はっきりとしたことはわからないらしい。

前回の記事「心を開かない『元野良犬』を迎えた家族の大決断」(2019年12月7日配信)にも詳しく書いたが、ギーとは1歳のときに出会ったけれど、生まれてから山で暮らしていたためか、人慣れしておらず、心をまったく開いてくれなかった。

私の小さな経験談からでも、同じ保護犬のカテゴリーにくくられるけれど、見た目も性格も全然違う。

保護犬になった背景が違う犬たち

私が知っている元保護犬には、

・うけ口だったために売り物にならないと、子犬のうちに業者によって保健所に連れて行かれたトイプードル
・オカメと同じ繁殖小屋で8年間子犬を生み、栄養失調になり、顎の骨がとけてベロが出ているチワワ
・DVから逃れるため、泣く泣くシェルターに手放した犬

などがいるけれど、どの犬もみんな幸せな犬生を歩んだ。

保護犬といっても背景にある環境は本当にさまざまだ

ギーのいた保護団体の“いぬねこプロジェクト”の代表である渡辺さんに話を伺ったことがある。渡辺さんは『いとしのギー』の作中にも登場している。

次ページ保護された背景が違えば、それぞれ性格も違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT