映画「ファヒム」に見る非情な世と大人達の愛情

チェスでフランスへの亡命叶えた父子の実話

8月14日より全国公開予定の映画『ファヒム パリが見た奇跡』は、フランスで起きた感動の実話をもとにしたヒューマンドラマだ (東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) ©POLO-EDDY BRIÉRE.

わずか8歳で祖国バングラデシュを追われ、父と一緒にフランス・パリにやってきた少年ファヒム。彼らは亡命者として政治的保護を求めるも、難民申請は却下される。そんな彼の窮状を支えてくれたのは、彼の類いまれなるチェスの才能だった――。

8月7日(金)に独占オンライン試写会を実施します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

8月14日より全国公開予定の映画『ファヒム パリが見た奇跡』は、フランスで起きた感動の実話をもとにしたヒューマンドラマだ。本作の主人公ファヒムの故郷は、政変が続くバングラデシュのダッカ。そこでは親族が反政府組織に属していたことに加え、ファヒムがチェスの大会で勝利を重ねていたことへの妬みが原因で、一家が脅迫を受けるようになっていた。そこで身の危険を感じた父親のヌラは、ファヒムを連れてフランスのパリに逃げ出すことを決意する。

だがパリでは、手持ちの資金があっという間に底をつき、父子は野宿を余儀なくされる。だが、そこで赤十字の職員に声をかけられた2人は、難民センターに身を寄せることになる。そんなある日、近所にチェスクラブがあることを知った父子は、そこでフランスでも有数のトップコーチであるシルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)と出会う。

「チェス」がフランスへ亡命申請した父子を救うカギに

最初こそ、独特な指導法に反発していたファヒムだったが、厳しくも愛情あふれる熱心な姿勢に、だんだんと心を開くようになっていく。チェスクラブの仲間たちもファヒムのことを受け入れてくれた。

その一方でファヒム父子の亡命は認められず、強制送還の脅威にさらされていた。そうした状況の中、ファヒムはチェスのフランス王者を目指してチェスのトーナメントで戦う。果たして父子の運命は――というのが本作の物語だ。

主人公のファヒムを演じるのは、本作でスクリーンデビューを果たしたアサド・アーメッド。キャスティング・ディレクターのモハメッド・ベラマールが何カ月も歩き回り、ようやく見つけたという逸材だ。アサドは、キャスティングのわずか3カ月前にフランスに移住したばかりで、ファヒムと境遇がよく似ていた。それだけに「自分もファヒムになっていたかもしれない」と感じたという。

次ページ主人公役の子も撮影で成長
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT