「引きこもる僕」が「何も言わぬ母」に思うこと

小学生から30代の現在までを振り返って

親や社会に対する罪悪感と焦燥感で押し潰されそうな毎日だった。それでも学校へ行くことはできなかった。つらい時間は長く続いた。

20代のころに震災ボランティアで被災者と出会い、その後も長崎県内のフリースペースのスタッフや利用者と対話することによって傷ついてしんどい思いをしているのは自分だけではないのだと知った。

なぜ母が「学校へ行きなさい」と言わなかったのか

社会のなかで取り残されていると感じることもあるが、不登校やひきこもりに関する居場所や支援してくれる方は外の世界にかならずいるのだ。またそういう人と対話したり関わっていくことで気持ちが穏やかになったいった。

『おーい、中村くん―ひきこもりのボランティア体験記』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

今でもひきこもってはいるが、当時のようなつらい気持ちは感じない。自分の生き方を肯定できるようになったからだろう。

だいぶあとになって母親がなぜあのころ「学校へ行きなさい」と言わなかったのかを知った。それは、もっともつらい状況に僕がいたことを「わかっていたからだ」という。

いじめなどとちがって明確な原因が、僕の不登校はわからないのだ。重要なのは不登校になった原因を探して、それを解決して登校させるということではない。

「学校へ行くことがつらい」という当時の僕自身の心に向き合ってくれた母に今でも感謝している。

【プロフィール】
中村秀治(なかむら しゅうじ)/1986年生まれ。長崎県在住。小学5年生で不登校。著書に『おーい、中村くん―ひきこもりのボランティア体験記』(生活ジャーナル)。
不登校新聞の関連記事
ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー
コロナ休校明けに「行きづらい」と感じてる子の心境は
自閉スペクトラム症の息子、コロナ後安心して過ごせるために
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT