ミニカーもエコの時代? 40周年迎えるトミカが記念商品発売

ミニカーもエコの時代? 40周年迎えるトミカが記念商品発売

タカラトミーは、今年1月で40周年を迎えるダイキャスト製ミニカー「トミカ」の記念事業として、手転がし遊びで発電する「テコロジートミカ」や発売当初のモデルを復刻した「復刻トミカ」など、記念商品を発売する。

「テコロジートミカ」は、電池を使わず、車体を前後に転がすことで輪に接続された超小型軽量発電ユニッが発電し、車の天井部分にあるバーライトが点灯する、という仕様になっている。「トヨタプリウス 道路整備車」「三菱 i-MiEVパトロールカー」の2種類で、6月発売予定だ。

それに先立つ40周年記念商品の第1弾として、1970年発売当初から現在に至る40年間の各年代を代表するトミカを集めたセット商品「トミカ40年記(上)(下)」を1月末に発売する。また、発売当初のトミカ6車種を新規金型で現在の品質基準に合わせて復刻した「復刻トミカvol.1」も4月に発売する。

トミカは、1970年に当時外国車オンリーだったミニカーの世界に「手頃な価格の国産車のミニカーを」という思いから旧トミーの2代目社長が発案したもの。3代目に当たる富山幹太郎社長によれば、国産玩具といえばプラスチック製が中心だった時代に、ダイキャスト鋳造設備や静電塗装装置などの大型機械を導入した専用工場を立ち上げて製造を開始したものだという。現在、製造はすべて海外に移管されているが、過去40年間で累計5億3800万台以上を売り上げる超ロングセラー商品になっている。

今年は「日本のトミカを世界で売る」(富山幹太郎社長)べく、欧州での販売を開始する世界進出計画もあり、2010年度は国内外、玩具・ライセンス合わせて200億円の市場商材として育てる計画だ。
 
(勝木 奈美子)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.03  180,586 5,006 5,436 1,377
連本2010.03予 174,000 10,000 10,000 8,500
連本2011.03予 170,000 10,500 10,500 8,800
連中2009.09  86,770 5,643 5,607 4,878
連中2010.09予 86,000 5,000 5,000 4,500
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.03  15.0 10 
連本2010.03予 90.3 12 
連本2011.03予 93.5 12 
連中2009.09  53.2 5 
連中2010.09予 47.8 5-6 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT