香港・国家安全維持法、条文で読む深刻事態

「一国二制度」と「人権」は完全に消え去った

組織改革は香港の行政府にも及ぶ。香港の警察(警務処)には新しく「国家安全を維持するための部門」を設立(第16、17条)し、インテリジェンス情報収集や分析のほか、国家安全維持委員会から任された工作も請負う。

また検察行政など中央での法務省に該当する律政司には、新法違反者を扱うための国家安全犯罪事案起訴部門が設立される(第18条)。財政面でも国家安全維持に関する支出は一般財政を充てるとし、「関連する人員編成を承認しなければならない」「特別行政府の現行関連法の制限を受けない」など、新法関連の財政支出に対する香港行政府の拒否権を否定している(第19条)。

つまり、一国二制度は国家安全維持の分野においては、組織、人事、法手続き、財政などあらゆる面で、完全に消えてしまっているのだ。

メールや金銭支援だけで取り締まり対象に

広く報じられている通り、取り締まりの対象となる犯罪行為は「国家統一を破壊する行為(国家分裂罪)」「国家を転覆する行為」「テロ活動」「外国、海外勢力との結託」の4類型である。それらを詳細にみると不明確な点が多い。

分裂罪は香港や中国のほか、「いかなる地方であっても中華人民共和国から分離させること」が対象となっており(第20条)、台湾やウイグルなどの分離独立運動も対象になりそうである。

転覆罪は「中華人民共和国の根本制度を転覆し破壊すること」「政権機関を転覆すること」「法律に基づく履行機能を重大に干渉し、妨害し、破壊すること」(第22条)など、非常に抽象的で幅広い取り締まりが可能になっている。

また、テロ活動は「人に対する激しい暴力」「交通機関、交通施設、電力設備、ガス設備又はその他の燃焼し爆発しやすい設備を破壊すること」(第24条)などと書かれており、いわゆるテロ行為というよりも、過激なデモの取り締まりの根拠規定として使えそうである。

問題は、テロ活動以外の3つについては「組織し、計画し、実施し又は参加」「扇動し、協力し、教唆し、金銭又はその他の財物をもって他人を援助」のいずれも犯罪とされている点だ。つまり、実際の行為がなくても、相談したり、メールを送ったり、金銭支援をするだけで取り締まりの対象にできる。これでは民主化運動家らもその支援者もまったく身動きできない。

次ページ外国人も取り締まり対象に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT