香港市民を救え!開き始めた台湾の保護傘計画

人権派弁護士や牧師が活動家の自活を支援

2020年1月、台北市で「保護傘香港有限公司」という企業が登記された。資本金は500万台湾ドル(約1800万円)。登録された事業内容は日用品の販売から飲食業、国際貿易までと多岐にわたる。

実際に会社の公式サイトを見てみると、「主権を取り戻す」という意味の「光復」という文字がプリントされたTシャツ数種や、香港民主化デモの様子を収めたドキュメンタリー写真集が販売されている。

創業の背景にあるのは、香港の人権派弁護士・黄国桐(ダニエル・ウォン)氏(70)が提唱した保護傘計画だ。保護傘計画の目的は、台湾に逃れた香港の活動家の自活を支援することである。

自由と平和のシンボル「レノンの壁」

4月19日には台北市に「保護傘」という名のレストランも開店した。スタッフは香港人。台湾に逃れてきた香港人を雇用することで、彼らの自活を支援している。レストランの入り口には、香港の民主化運動の象徴となったキャラクター「カエルのペペ」が飾られている。

ペペは右目をおさえている。この右目を覆うポーズはデモ参加中に警察に右目を撃たれた女性を模し、民主化運動への連帯の意を示すものだ。隣には台湾メディアによる香港民主デモのノンフィクション本『烈火黒潮』が並び、カウンターには小さな「レノンの壁」も設置されている。

レノンの壁は自由と平和のシンボルだ。その起源は冷戦下のチェコスロバキアで、ジョン・レノンの死(1980年)を知った若者たちが壁に哀悼のメッセージを描いたのが始まりだ。壁には共産主義体制への反対と自由への願いがこめられており、それが近年、香港でも若者の手によって作られていた。保護傘レストランのレノンの壁には、香港デモ参加者たちへの客からのメッセージが寄せられている。店には大きく「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命の時代だ)」というスローガンが掲げられていた。

こうして小さいながらも保護傘、つまり「香港を守る傘」は開いた。「傘の下にいる者」と「傘をさす者」、すなわち台湾に逃れて来た香港人と、それを保護する者たちが慎重にその一歩を踏み出したのだ。

傘をさす人はほかにもいる。ゴシック式の赤レンガ建築が有名で、台北市の観光地として名高い済南教会。同教会の黄春生牧師は、長年にわたり人権運動家を庇護してきた。もちろん香港民主化運動の参加者も例外ではなかった。

2019年、黄牧師は台湾に流れ着いた「香港からの旅行者」のために、教会内に隠れ家を用意した。旅行者のために無償で衣食住を提供。必要であれば病院で受診させた。教会には精神科医がおり、傷ついた旅行者を無料で診察した。

黄牧師は「台湾は聖書に登場する『逃れの町』なのかもしれない。香港人の傷はそう簡単に癒やせるものではないだろう。せめてこの教会だけは彼らの安らぎの場でありたい」と言う。

次ページコロナ禍でも厳しいままの香港情勢
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT