GWの海外旅行、感染症の落とし穴に注意

W杯、慣れぬブラジルの地で体調を崩さないために

黄熱ワクチンは、接種を受けてから体内に抗体ができるまで2週間程度かかり、実施している医療機関も国内では25カ所と限られている。そのため、東京医科大学病院渡航者医療センターでは、今年4月時点で、ワクチン接種希望者の受診で混雑しているという。黄熱ワクチンでの予防が困難な場合は、虫除け剤を使用するなどして、蚊から身を守ることが最善策となる。

「ブラジルへの渡航では、食物などから感染するA型肝炎のワクチン、さらには、傷口などから感染する破傷風のワクチンの接種も推奨されています。私自身、レシフェのサッカー場に行ったことがあるのですが、興奮したサッカーファンが、瓶を下に投げつけるようなシーンに出くわしました。ケガをしたときに、破傷風にはなりやすいのです。20歳ぐらいまでは、乳幼児で受けたワクチン接種で抗体を持っていますが、年齢が高くなるにつれ抗体価が低くなり、中高年以降は破傷風のリスクが高くなります」(同)。

予防の4原則

GWやFIFAワールドカップなどで海外旅行に出掛けるときの予防策を濱田教授に教えてもらった。

1デング熱などの流行地域では、虫除け剤を使用して蚊に刺されないようにする。虫除け剤は、DEET(忌避剤)成分含有量が高いほど、長時間効果が得られやすい。日本製のDEETは12%程度までだが、海外には20%以上含有の虫除け剤があるため、現地で調達するとベター。

2生水や生食は避ける。A型肝炎ウイルスに感染するだけでなく、旅行者下痢症に悩まされることがある。飲み物に入っている氷や、カットフルーツにも要注意。

3現地の動物(特に野生動物)には近づかない。場所によっては、さまざまな感染症を持つコウモリもいるため、洞窟探検にも注意が必要。

4ピアスの穴開けなど、美容行為でも感染症にアタックされることがある。衛生状態が悪いところでは、受けないようにする。

「日本はまだ春の陽気ですが、海外では非常に気温が上昇している地域もあります。ワールドカップのクイアバは、ちょうど、ワールドカップ開催時期は乾季で、フライパンの上に立つような暑さと言われています。帽子は欠かさずに持って行きましょう。また、脱水症状を防ぐために水分補給も心掛けてください。ガス入りのミネラルウォーターは、炭酸ガスにわずかな殺菌効果があるためおススメです。ただし、開発途上国でミネラルウォーターを購入するときには、欧米の銘柄で、蓋がきちんとしまっているものを選ぶようにしましょう」(同)。

万全の予防対策で、海外旅行を元気に楽しもう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT