「日本のオーケストラ」収入ゼロの辛すぎる窮状

「新日フィル」6月末までの約40公演が中止に

彼女の場合はほかに収入があるため4割減にとどまったが、仲間には8〜9割減になった人ももちろんいる。フリーランサーにも適用される補助金は、彼女も仲間たちも申請しなかったそうだ。ギャランティーは謝礼として封筒に入れて渡される形が圧倒的に多く、源泉徴収票もないので、収入が証明できないからだ。

「確かに厳しいけど、慣れている。私たちフリーは、バブル崩壊、大震災などでも、真っ先に切り捨てられた。雇用形態は日雇い労働者と同じだし、ギャランティーも食べていけないぐらい少ないこともある」(深田さん)

それでも、音楽にしがみついて生きていく。彼女のすべてだからだ。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

「魂がこもった音楽を聴くと、みんな癒やされるし元気をもらう。アナログで古いかもしれないけど、大事なものが詰まっていると思う。その大事なものを、一生をかけて音楽から学びたい」(深田さん)

ようやく7月に、フリー演奏家の集うサロンでの発表会が開催されるため、そのリハーサルが始まっているとのことだ。

しかし年齢や体調の問題で、感染によるリスクが高いため、仕事以外では人に会わない自粛生活を続けている。いつ倒れてもいいように、身辺整理を行ったそうだ。

音楽の復活を強く求めることが最も必要

さて、COVID‐19の対応においてひときわ印象的だったのが、ドイツ文化相の「音楽は平時だけのものではない。生命維持に必要不可欠」という言葉と、オーケストラやフリーランサーに対する支援金の即時発行である。

同国をはじめヨーロッパの国々ではかつて、音楽は命をつなぐための糧であり、また精神的な闘争の手段でもあった。そのバックグラウンドを持つ国と、クラシック音楽が導入されてせいぜい100年の日本は比べるべくもない。

しかしジャンルにかかわらず、音楽は誰にとっても必要不可欠だ。プロの従事者たち、そして、日本の厚いクラシック層を形成しているアマチュア演奏家、クラシックファンを含む視聴者たち誰もが、この原点に立ち返り、音楽の復活を強く求めることが、業界にとって今、最も必要なことかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT