コロナ復活組は買い?新規上場銘柄の「値打ち」

公開価格の9倍も!一攫千金で投資家が殺到

新規上場再開3社のうちIPO前から注目を集めてきたのがロコガイドだ。穐田誉輝代表はカカクコムやクックパッドの社長を歴任し、現在は「みんなのウェディング」「オウチーノ」などを運営するくふうカンパニー会長として株式56%超を保有する。女優・菊川玲さんの結婚相手としても話題を集めた。ロコガイドは2016年、クックパッドからMBO(経営陣による買収)で分離独立、穐田代表が株式9割超を保有するオーナー企業である。

IPOでは約47億円の公募増資を実施したが、穐田社長は保有株を放出することなく大株主であり続けている。4月に予定していた公開価格2640円でのIPOを取り下げ、今回は2000円に引き下げた再チャレンジが見事当たった。ロコガイドの上場日の終値は5310円をつけ、翌25日も一時6000円台まで上昇。時価総額は約560億円となり、クックパッドの約370億円を上回る水準で推移している(6月26日時点)。

運営しているのはスーパーやドラッグストアの特売情報やチラシの配信サービス「トクバイ」。2020年3月期の売上高14億円、営業利益3.4億円と利益率は高く、近年のスタートアップにありがちな赤字先行・期待先行組ではない。

この時期に再承認されたから、かえって”安心”

7月にかけてもIPOは続々と控える。11社のうち6社は“復活組”で、コロナの影響で一度取り下げてからの再チャレンジである。その大半が売り出し価格・株式数とも条件を下げており、資金を待機させていた個人投資家から熱い視線を集めている。

「コロナ禍を経て、IPOをしても、しっかりとした業績計画を出せる会社と評価されている」(いちよし証券の宇田川克己・投資情報部銘柄情報課長)のも人気の要因だ。3月以降にIPOを取り下げた会社は18社あるが、その中には不動産やスポーツジム、保育所など、コロナの影響を受けやすい業種も含まれる。だからこそ、あえて再承認された復活組には、アフターコロナ銘柄という安心感も含まれているようだ。

例年どおりなら、決算期の端境期となる8月に入ると、IPO社数は減少傾向となる。その後12月にかけて増加していくが、今年はコロナ感染の第2波も懸念される中で不透明感が漂う。一方で「ファンド満期を控え、多少は利益を減らしてでも、IPOで資金回収を急ぎたいVC(ベンチャーキャピタル)は多い」(VC幹部)との声もある。こうした中、2020年はIPO社数の減少が予想される中、注目企業の大型上場が出てくるかにも注目だ。

再び動き出したIPOの熱気は、さらに高まっていくのか。企業、ファンド 、投資家の思惑に加えて、コロナという未知の存在が市場の行方を揺さぶっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT