大統領選候補者へサイバー攻撃「諸外国」の狙い

イラン、中国、ロシアの狙いとはいったい何か

2016年の大統領選挙以降、アメリカは選挙のサイバーセキュリティを強化するため努力を重ねてきた。

2017年には、国土安全保障省が医療、上下水道、通信、金融、エネルギーなどに加え、選挙インフラを重要インフラに指定した。「選挙インフラ」には、選挙関連のデータやデータの保存場所、ウェブサイト、ソーシャルメディアのアカウント、有権者の登録データベース、電子投票機、票の集計・監査システムなどが含まれる。

国土安全保障省は、アメリカの情報機関や司法当局、州政府、民間企業とも協力し、選挙システムを守るため、サイバー攻撃情報の共有やサイバーセキュリティ研修などを実施してきた。

有権者の登録データベースが改ざんされないよう堅牢化も行っている。連邦議会が2018年に選挙のサイバーセキュリティ予算として認めた額は、3億8000万ドル(約410億円)に及ぶ。

大統領選のサイバーセキュリティ対策は複雑に

しかし、新型コロナウイルスの流行で、今年の大統領選挙のサイバーセキュリティはさらに複雑になった。

『サイバーセキュリティ 組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

コロナ感染を防ぐため、選挙担当者の多くは自宅から仕事をしている。ログイン時の2段階認証や、外部から社内のネットワークに安全にアクセスするために通信を暗号化し、やり取りする情報が盗み見される危険性を回避するVPN(Virtual Private Network、仮想専用線)の利用など、テレワークのサイバーセキュリティ強化が必須だ。

しかも今年は、投票所での投票だけでなく、郵便投票が増えると予想され、守らなければならない選挙インフラが拡大、課題が山積みしている。

例えば、郵便投票用の用紙と封筒の大量印刷、有権者の名前と住所の正確な把握と郵送、投票受付のためのデータベース管理を円滑に進めるには、身代金要求型ウイルスによる業務妨害を防ぐサイバーセキュリティの確保も不可欠だ。郵便投票に関する問い合わせのメールに紛れ込ませたサイバー攻撃にも備える必要があろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT