家がムダな食器で溢れる人は捨てる基準が緩い

損得勘定が先になるとモノは増えてしまう

キレイさっぱり片付けたのに、月日が経つといつの間にか、じわじわとモノが増える……その原因の1つは「無料(タダ)のもの」です。

無料なものは、驚くほど簡単に家の中に溜まっていきます。

○○円以上買ったら、ノベルティープレゼント。

買い物の予定はないのに、ノベルティー欲しさで、つい必要以上の買い物をしてしまう。ペットボトルのおまけがついているほうを選んでしまう。

本当は、おまけが欲しいのではなくて、何かがついていたほうが、ちょっと得した気分になるから。雑誌は付録がついているほうがうれしい……。お得やおまけに弱いのもわかります。でも、そっちを選んでしまったら、モノはどんどん溜まっていきます。せっかくキレイに片付けたのに。

「ありがとう。でもいりません」と言う勇気

例えばポイントカード。もう行くことはないだろうお店でも、気持ちよく作ってもらったほうが……と思っていました。

でも、「ありがとう。それ、いりません」と少しの勇気を持って、いまはお断りしています。

ノベルティー類など、たまに「え? いらないの?」と見られることもあるけれど、みんなが喜んでもらうとは限りません。だったら、ちょっと値引きしてもらえたほうがうれしいと思うのは、私だけではないはずです。

コンビニでもらう割り箸やスプーン、お手拭き。断るつもりでいても、袋の中に入れてくれていることもあります。

使えばなくなるものだけど、使うことなくキッチンの引き出しに入ったままになっていませんか?

『「もたない暮らし」の始め方』(すばる舎)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

わが家もキッチンの引き出しを片付けると、カピカピに乾いたお手拭きがどこからともなく出てきました。

使わないなら、すぐに捨てればいいものを、いったん引き出しに入れてしまうから厄介なのです。

だから、まずは「もらわない」。それでも入ってしまっていたら、「すぐに使って捨てる」を心がけています。

ものごとを、損か得かの損得勘定で考えるのはモノを増やす原因になります。

得と感じるものでも、それが本当に得なのか、今一度考えて。結局、まわりまわって片付かない部屋になると「大きな損」になってしまっているのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT