渡部建「好感度ブランド大崩壊」の皮肉な裏事情

人気TV番組に起用される理由が逆に致命傷に

そこで私は20~40代の女性が好むグルメ・ファッションを軸にした内容で勝負することにした。当時すでにTBSが土曜日に「王様のブランチ」という情報番組を放送して人気だったが、この「ブランチ」を「毎日やる」ということが「ヒルナンデス!」の当初の狙いだった。

そして出演者をキャスティングするにあたっても「女性ウケ」を最優先にした。

いわゆる「お笑いマニア」が絶賛するような尖った笑いの芸人よりも、ルックスが良く清潔感があって女性視聴者から「嫌われない人」であることを起用のポイントにした。

そのような考えの下で関ジャニ∞の横山裕さん・村上信五さんや、「育メン」つるの剛士さんにレギュラー出演をしてもらうことになった。

そして、火曜日の曜日MCとして私が起用したのが「渡部建」なのである。

「好感度が悪くない・女性視聴者に嫌われない芸人」

児島一哉さんとのコンビ「アンジャッシュ」は、スタイリッシュで理詰めな「すれちがいコント」が秀逸で「エンタの神様」などで注目されていた。なかでも渡部氏は〝イケメン芸人〟として「お笑い好き女子」の間で人気を博していた。

ただし、2010年の時点ではあくまで「芸人さんの中にイケメンな人がいる!」「渡部って人がワリと素敵」というイメージであり、「第一線の有名タレント」まではあと一歩及んでいないというポジションだった。

コントが面白いのは間違いないのだが、生放送の情報番組でどれだけの「腕」を持っているのかは未知数な部分もあった。

それでも彼が画面に映った際に、〝この人キライ〟という女性視聴者は多くはないだろうというのが私の判断だった。

アクの強い芸人・タレントの場合、視聴者は「映った瞬間にチャンネルを変える」ということがある。特に昼の番組ではターゲットであるF1F2がチャンネルを変える出演者は避けなければならない。

その点、「渡部建」は一見スタイリッシュなイケメンであると同時に、幸か不幸かまだ〝嫌われるほどの一般的知名度〟も高くなかった。

「好感度が悪くない・女性視聴者に嫌われない芸人」としてのキャスティングだった。

次ページうなぎのぼりに“出世”していった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。