バラ積み船市況は底入れか

4万ドルへ急騰後、1万ドル割れ。この後は?

 

4000ドル近辺から4万ドル台へ急騰し、再び1万ドル割れ──。この1年、ジェットコースターのような騰落を繰り返したのが、大型バラ積み船・ケープサイズの1日当たり用船料だ。

バラ積み船は穀物などの乾原料を運ぶ。中でも鉄鉱石や原料炭を運ぶケープサイズは載貨重量10万トン超と大きい。

太平洋─大西洋、大西洋─インド洋と移動する際も、スエズ運河、パナマ運河などの海路を通れず、アフリカ大陸の南端、喜望峰のような岬(ケープ)を経由するのが名称の由来だ。

日本の海運各社が運航するケープサイズのうち、市況連動の「フリー船」の比率は1~2割。残り8~9割は国内外の鉄鋼メーカーと5~15年の長期契約を結び、安定収入を確保している。

損益分岐点は2万~2.5万ドル

とはいえ、海運各社は比率の小さなフリー船の市況低迷で近年、幾度か大幅赤字を余儀なくされた。ケープサイズの損益分岐点は2万~2.5万ドル。これを下回ると赤字を避けられない。つまり2013年の前半は、ほとんど赤字運航だった。

なぜケープサイズの市況はこれほど激しく動くのか。

次ページ今後の市況は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT