コロナ明けで登校を渋る子に絶対NGな否定言葉

「行きたくない」をしっかりと受け止めてあげる

① 安心できる体験─自分の居場所が安全で安心できること
② 楽しい体験─一般的な楽しい体験はもちろん、できなかったことができるようになったり、感動したりする体験も子どもにとっては楽しい体験です
③ 認められる体験─甘やかしやおだてとは違い、子どもの心に○(マル)をつけること

この3つがたくさん満たされることで、喧噪や活気に満ちていて、エネルギッシュな学校という場に立ち向かっていく元気ややる気が出てくるのです。この長い休みあけに、登校しぶりがみられるようなら、この心のエネルギーがたまるような過ごし方をしたか、逆に心のエネルギーを吸い取られるような過ごし方を今一度振り返ってみると良いでしょう。 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT