電通に爆破予告、自社ウェブサイトに書き込み

本社ビルや周辺施設からの退館を指示

 6月5日、電通グループは、自社のウェブサイトに本社ビル(東京・港区)への爆破予告の書き込みがあったと発表した。写真は電通本社ビルで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 5日 ロイター] - 電通グループ<4324.T>は5日、自社のウェブサイトに本社ビル(東京・港区)への爆破予告の書き込みがあったと発表した。関係筋によると、同日午前、「7日午前7時過ぎを期限とする汐留の電通本社ビル爆破予告」というメールが届いたため、本社ビルや周辺の商業施設を7日まで立ち入り禁止にした。

同社は所管警察署に届け出を行い、周辺の警備を強化。警察などと連携し、不審物の有無や設備の安全状況の確認を続けている。今のところ異常の報告はないが、従業員や近隣の安全確保のため、電通本社ビルのほか、カレッタ汐留、汐留アネックスビルからの退館を指示した。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT