電通に爆破予告、自社ウェブサイトに書き込み

本社ビルや周辺施設からの退館を指示

 6月5日、電通グループは、自社のウェブサイトに本社ビル(東京・港区)への爆破予告の書き込みがあったと発表した。写真は電通本社ビルで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 5日 ロイター] - 電通グループ<4324.T>は5日、自社のウェブサイトに本社ビル(東京・港区)への爆破予告の書き込みがあったと発表した。関係筋によると、同日午前、「7日午前7時過ぎを期限とする汐留の電通本社ビル爆破予告」というメールが届いたため、本社ビルや周辺の商業施設を7日まで立ち入り禁止にした。

同社は所管警察署に届け出を行い、周辺の警備を強化。警察などと連携し、不審物の有無や設備の安全状況の確認を続けている。今のところ異常の報告はないが、従業員や近隣の安全確保のため、電通本社ビルのほか、カレッタ汐留、汐留アネックスビルからの退館を指示した。

(白木真紀)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。