アメリカの株価が落ちそうで落ちないワケ

ナスダックは史上最高値更新が近づいている

というのも、企業が倒産する、あるいはそれを回避するために従業員を解雇する(どちらも失業が発生する)という企業行動は、貸し渋りなどその背景に金融機関の融資姿勢があるからだ。失業率が貸出態度DIと密接な連動性があることを考慮すると、金融システムが崩壊を免れていることの意味は大きい。こうした金融機関の融資姿勢が保たれるのであれば、労働市場の回復ペースはリーマンショック時よりも早くなりそうだ。

日本株の2番底リスクも低下

以上みてきたように、アメリカ株は「政策サポート」と「経済活動再開の期待」によって上昇してきた。

足もとでは、企業業績の下方修正が相次いでいることから、株価指標面などで見ると、割高な領域に到達し、勢いよく上値を追う動きとまでは行かなくなってきた。

ただ、強固な政策期待が残存するなかで、金融システムが崩壊を免れ、人々のマインドも安定しているのであれば、2番底到来の可能性は低いと判断される。そうしたなか、日経平均も2万円の大台を回復、足元は大きく上回っている。

アメリカ株と同様、業績見通しの下方修正によって予想PER(株価収益率)が急速に上昇するなか、上昇すればするほど高値警戒感は燻ぶる。それでも、日本株式市場の固有要因として、日銀のETF(上場投資信託)買い入れに対する安心感もある。

また、新型コロナショック以前からのテーマであった5G関連特需が一部実現するなか、テレワークの増加などによってIT関連財の需要が底堅く推移しており、同セクターの牽引力にも期待ができる。

むろん、新型コロナウイルスの感染状況次第ではあるが、アメリカ株の2番底リスクが後退するなかで、日経平均は今後下落したとしても2万円近傍で値固めの展開となるのではないか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT