米FB、スマホ用アプリのチャット機能廃止

単体のメッセンジャーアプリのインストールが必要に

4月9日、米フェイスブックは、スマホ向けアプリのメッセンジャー機能を廃止する方針を明らかにした。写真は同アプリのアイコン。昨年1月撮影(2014年 ロイター/Stoyan Nenov)

[サンフランシスコ 9日 ロイター] -米フェイスブックは9日、スマートフォン(スマホ)向けアプリのメッセンジャー機能を廃止する方針を明らかにした。メッセージの送受信には、単体のメッセンジャーアプリのインストールが必要となる。

フランスや英国など複数の欧州諸国では、約2週間以内に単体メッセンジャーアプリのダウンロードが必要になることについて、ユーザーへの通知が始まっている。

同社の広報担当者、デリック・メインズ氏はこの方針について、安定した高品質のサービスを提供することが狙いだと説明。いずれ世界全体のユーザーが対象になると述べたが、具体的な時期には言及しなかった。

フェイスブックの単体のメッセンジャーアプリは、スマホ用アプリ内のメッセンジャー機能よりも処理速度が速く、通話サービスなども利用できる。

スマホのメッセンジャーアプリをめぐっては、「スナップチャット」や「LINE」などが急成長しており、競争が激化している。

フェイスブックは2月、スマホ向けメッセンジャーアプリの「ワッツアップ」を190億ドルで買収すると発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。