米FB、スマホ用アプリのチャット機能廃止

単体のメッセンジャーアプリのインストールが必要に

4月9日、米フェイスブックは、スマホ向けアプリのメッセンジャー機能を廃止する方針を明らかにした。写真は同アプリのアイコン。昨年1月撮影(2014年 ロイター/Stoyan Nenov)

[サンフランシスコ 9日 ロイター] -米フェイスブックは9日、スマートフォン(スマホ)向けアプリのメッセンジャー機能を廃止する方針を明らかにした。メッセージの送受信には、単体のメッセンジャーアプリのインストールが必要となる。

フランスや英国など複数の欧州諸国では、約2週間以内に単体メッセンジャーアプリのダウンロードが必要になることについて、ユーザーへの通知が始まっている。

同社の広報担当者、デリック・メインズ氏はこの方針について、安定した高品質のサービスを提供することが狙いだと説明。いずれ世界全体のユーザーが対象になると述べたが、具体的な時期には言及しなかった。

フェイスブックの単体のメッセンジャーアプリは、スマホ用アプリ内のメッセンジャー機能よりも処理速度が速く、通話サービスなども利用できる。

スマホのメッセンジャーアプリをめぐっては、「スナップチャット」や「LINE」などが急成長しており、競争が激化している。

フェイスブックは2月、スマホ向けメッセンジャーアプリの「ワッツアップ」を190億ドルで買収すると発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。