ボーイング、4月も航空機「受注ゼロ」のピンチ

事故相次いだ「737MAX」キャンセル響く

米航空機大手ボーイング<BA.N>は12日、4月の受注がゼロだったと発表した。主力の新型機「737MAX」の受注108機分がキャンセルになったことが響いた。写真はワシントン州シアトルのボーイング敷地内に駐機する737MAX。2019年7月撮影(2020年 ロイター/Lindsey Wasson)

[12日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>は12日、4月の受注がゼロだったと発表した。主力の新型機「737MAX」の受注108機分がキャンセルになったことが響いた。受注ゼロは今年になって1月に続き2回目。

4月の納入機数は6機。今年1─4月の納入機数は計56機となり、前年同期比67%減少した。

墜落事故が相次いだ「737MAX」が世界的に運航停止になった上、新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の急減が追い打ちをかけた。

受注状況の悪化は1962年以来の水準となり、同社は16万人に及ぶ従業員の10%削減を発表している。

競合する欧州の航空機大手エアバス<AIR.PA>も、4月の納入機数はわずか4機となり、前年同月比80%減少したと発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT