ダイハツ「タフト」価格判明で見た競合車との差

安全機能と装備の充実にアドバンテージあり

2020年4月1日より先行予約が開始された「タフト」(写真:ダイハツ)

近年、国内で発売される新型車は減ったが、軽自動車は活発だ。直近では2020年1月に2代目スズキ「ハスラー」が発売され(発表は2019年12月)、2月には日産「ルークス」と、三菱「eKスペース」「eKクロススペース」も登場した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その背景には、軽自動車の高い人気がある。2019年度(2019年4月~2020年3月)に国内で売られた新車の内、実に37%を軽自動車が占めた。

小型/普通車は、商品開発が海外志向を強めて国内の売れ行きを下げたが、軽自動車は基本的に国内専売だ。それだけに、日本のユーザーにマッチした商品開発が行われており、新型車も多く販売比率も高い。

タフトの価格とスペックが判明

そんな中で2020年に発売される軽自動車の注目株がダイハツ「タフト」だ。

ハスラーのライバルとなるモデルで、背が高く内外装をSUV風に仕上げた新型車である。軽自動車もSUVも人気のカテゴリーだから、それをかけ合わせたタフトに関心を寄せるユーザーは多い。

タフトの発売は6月10日だが、販売店では5月上旬に価格やスペックも明らかにしている。今回はそのデータを入手したので、公式発表情報ではないが速報としてお伝えするとともに、ライバルとの違いを見ていこう。

 
グレード・価格
X 2WD:135万3000円/4WD:147万9500円
G 2WD:148万5000円/4WD:161万1500円
Gターボ 2WD:160万6000円/4WD:173万2500円

 

寸法・重量
ボディサイズ 全長3395mm×全幅1475mm×全高1630mm
ホイールベース 2460mm
最低地上高 190mm
室内寸法 室内長×2050mm×室内幅1305mm×室内高1250mm
前後席の間隔 900mm
車両重量 830kg(ターボ車840kg)
タイヤサイズ 195/65R15(全車共通)

 

自然吸気エンジン
最高出力 52馬力/6900回転
最大トルク 6.1kg-m/3600回転
WLTCモード燃費 2WD 20.5km/L、4WD 19.7km/L
ターボエンジン
最高出力 64馬力/6400回転
最大トルク 10.2kg-m/3600回転
WLTCモード燃費 2WD 20.2km/L、4WD 19.5km/L

 

装備の面では、全車にLEDヘッドライト、電動パーキングブレーキ、ガラスルーフ&ブラックフィニッシュルーフヘッダーを採用。

G/Gターボにはアダプティブドライビングビームが標準装備、さらにGターボには、全車速対応アダプティブ・クルーズコントロールとレーンキーピングアシストも装備される(Gはオプション)。

室内では、荷室は汚れを落としやすい樹脂素材が採用されるものの、後席リクライニングとスライドは非装着の模様。アルミホイールはGとGターボに標準装備となる。

次ページライバル「ハスラー」と比較すると?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT