ダイハツ「タフト」価格判明で見た競合車との差

安全機能と装備の充実にアドバンテージあり

2020年4月1日より先行予約が開始された「タフト」(写真:ダイハツ)

近年、国内で発売される新型車は減ったが、軽自動車は活発だ。直近では2020年1月に2代目スズキ「ハスラー」が発売され(発表は2019年12月)、2月には日産「ルークス」と、三菱「eKスペース」「eKクロススペース」も登場した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その背景には、軽自動車の高い人気がある。2019年度(2019年4月~2020年3月)に国内で売られた新車の内、実に37%を軽自動車が占めた。

小型/普通車は、商品開発が海外志向を強めて国内の売れ行きを下げたが、軽自動車は基本的に国内専売だ。それだけに、日本のユーザーにマッチした商品開発が行われており、新型車も多く販売比率も高い。

タフトの価格とスペックが判明

そんな中で2020年に発売される軽自動車の注目株がダイハツ「タフト」だ。

ハスラーのライバルとなるモデルで、背が高く内外装をSUV風に仕上げた新型車である。軽自動車もSUVも人気のカテゴリーだから、それをかけ合わせたタフトに関心を寄せるユーザーは多い。

タフトの発売は6月10日だが、販売店では5月上旬に価格やスペックも明らかにしている。今回はそのデータを入手したので、公式発表情報ではないが速報としてお伝えするとともに、ライバルとの違いを見ていこう。

 
グレード・価格
X 2WD:135万3000円/4WD:147万9500円
G 2WD:148万5000円/4WD:161万1500円
Gターボ 2WD:160万6000円/4WD:173万2500円

 

寸法・重量
ボディサイズ 全長3395mm×全幅1475mm×全高1630mm
ホイールベース 2460mm
最低地上高 190mm
室内寸法 室内長×2050mm×室内幅1305mm×室内高1250mm
前後席の間隔 900mm
車両重量 830kg(ターボ車840kg)
タイヤサイズ 195/65R15(全車共通)

 

自然吸気エンジン
最高出力 52馬力/6900回転
最大トルク 6.1kg-m/3600回転
WLTCモード燃費 2WD 20.5km/L、4WD 19.7km/L
ターボエンジン
最高出力 64馬力/6400回転
最大トルク 10.2kg-m/3600回転
WLTCモード燃費 2WD 20.2km/L、4WD 19.5km/L

 

装備の面では、全車にLEDヘッドライト、電動パーキングブレーキ、ガラスルーフ&ブラックフィニッシュルーフヘッダーを採用。

G/Gターボにはアダプティブドライビングビームが標準装備、さらにGターボには、全車速対応アダプティブ・クルーズコントロールとレーンキーピングアシストも装備される(Gはオプション)。

室内では、荷室は汚れを落としやすい樹脂素材が採用されるものの、後席リクライニングとスライドは非装着の模様。アルミホイールはGとGターボに標準装備となる。

次ページライバル「ハスラー」と比較すると?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。