急成長「インドネシア鉄道メーカー」の熱い現場

輸出車両で活況「INKA」、自動運転電車も製造

INKAの工場で出荷待ちのフィリピン向け通勤型気動車。2020年は4両編成4本を納入する(筆者撮影)

日本の約5倍の国土面積に3億人弱の人口を有する東南アジアの大国、インドネシア。これまでに自動車、航空機の国産化を果たしており、今後、工業国としての発展性も秘めている。豊富な労働力を背景に、2045年には日本のGDPを抜き、世界4位になるとの予測もあるほどだ。

今回、筆者が向かった先は、ジャワ東部の田舎町マディウン。ここに、インドネシアの鉄道車両メーカー、PT.Industri Kereta Api(INKA)がある。同社については4月12日付記事(「インドネシア唯一の鉄道メーカー『INKA』の実力」)で取り上げているが、今回は工場を訪問し、近年の取り組みについて取材する機会を得たため、改めて紹介したい。

輸出車両が埋め尽くす工場内

マディウンは鉄道利用だとジャカルタから最速でも10時間。空路でもスラバヤに飛んでから車や鉄道に乗り換える必要があり、5時間は要する地だ。とはいえ、せっかくなのでINKAが2019年に製造したステンレス客車を充当するジャカルタ・ガンビル発の夜行急行「ムティアラスラタン」号に乗り込み、一路マディウンを目指した。

INKAの工場。正門を入ると真新しい事務所棟が目に入る(筆者撮影)

筆者がINKAを訪問するのは2012年以来、7年ぶりだ。まず目を引いたのは、敷地入り口付近にそびえる4階建ての真新しい事務所棟である。以前訪れた際は車両メーカーというより鉄道の修理工場に入るようなイメージを抱いたが、この数年で本当に変わったという印象を受ける。

担当者の案内で内部へと向かう。工場内のレイアウトは以前とほとんど変わらなかったが、驚いたのは工場稼働率の高さだ。客車なら1日当たり最大3両を落成できるといい、製造現場はバングラデシュ及びフィリピン向けの輸出車両、さらにジャカルタ首都圏のLRT Jabodebek車両で埋め尽くされている。

次ページLRT車両は自動運転
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT