エクセルで学習計画表「コンサル親」が子を潰す

"高学歴の父親"が陥りがちなワナ

Q6:子どもの出来は家の中が左右する?

「○です。片づきすぎず散らかりすぎない玄関で、リビングには本や図鑑、地球儀があり、そしてキッチンに鏡がある。そんな家庭の子どもは必ず伸びます!」

整然とした玄関は、親がきちんとしすぎていて、子どもにもそれを押しつけているケースが多いと西村先生。

「こうした家庭では、子どもも四角四面な場合が多く、発想が広がりません」

リビングの本や図鑑など、またキッチンの鏡は、母子関係がうまくいっている証。

「子どもはほがらかな雰囲気のなかで、お母さんに見守られながら勉強したいものですし、実際にリビング学習は能率も上がります。キッチンの鏡は、お母さんが寄せてしまいがちな眉間のしわ、つまり自分が発している雰囲気をチェックするアイテム。鏡を見て余裕をなくしていないか確認して、なごやかな雰囲気を心がけることができます」

Q7:夫婦の会話が多いと国語力が上がる?

「これも○。お子さんの国語の成績が悪いという相談は多いのですが、そう訴えてくるお母さん自身にボキャブラリーが少なく、きちんとした言葉遣いのできない方が目立ちます。会話の機会が乏しいのかもしれません」

子どもは親から言葉を学ぶ。自分に向かって話された言葉だけでなく、身近な大人である父母の会話からも学んでいるのだ。

「夫婦の会話が少なかったり、“てにをは”が正しく使われていないようでは、子どもは正しい日本語を学べません。国語力を向上させたいなら、親は、会話を増やすことが欠かせないのです」

Q8:質問されたら「辞書で調べなさい」が正解?

「×です。子どもにとって辞書は、わからない言葉を、別の抽象的な言葉に置き換えているだけのもの。自分で調べろと言うより、親が自分の言葉で説明してあげるほうがいいでしょう」

親がいつも正確に説明できるとは限らないが“これはこういう意味じゃないの?”と言うだけでも十分だとか。

「正確でなくても、言葉を取り巻く周辺部分の情報は子どもの耳に入っていきます。それを手がかりに言葉の核心をつかんでいけるのです」

教えるより、親子で会話することのほうが大切なのだ。

コロナで休校。家ではとにかく長く勉強させるべし?

「今のような非常時は、勉強よりも、生活のリズムを整えることのほうがずっと大切。夜遅くまでゲームをやって、昼ごろ起きるような生活ほどよくないものはありません。

長時間にわたって勉強させようとするよりも、算数のプリントと漢字のプリントを1枚ずつなど、ちょっとした時間でできる課題を決めて、それを続けるようにさせてください。目安は、算数と国語の場合、それぞれ“子どもの学年×10分”。1年生なら算数10分、国語10分の計20分で十分です。これができるお子さんは、さらなる勉強にも十分に対応することができますよ」(西村先生)

教えてくれたのは…
西村則康先生
有名最難関中学に2500名以上の合格実績を持つ、プロ家庭教師集団「名門指導会」主宰。受験に家族を結束させる指導法に定評がある。最新刊『子どもの学力を伸ばす親 ダメにする親』(KADOKAWA)ほか著書多数。

 

(取材・文/千羽ひとみ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT