あの有名企業は、なぜ中途採用に熱心なのか ニトリ、アシックス、アクセンチュアが欲しがる人材

印刷
A
A

売り上げ世界4位のアシックスが抱える課題

アシックスの川隅加津年さん (写真:アシックス提供)

スポーツ用品メーカーのアシックスは毎年30人程度を中途採用し、30代以上の割合が増えている。

同社は、日本人の印象ではドメスティックな企業のイメージが強いかもしれないが、海外事業を強化しており、アメリカやヨーロッパを中心に、売り上げの7割を海外が占める。グローバル市場での業界売り上げ1位はナイキ、2位はアディダス、3位はプーマ。アシックスは、実に世界4位だ。日本市場ではミズノが首位だが、世界ではアシックスが強い。

グローバル管理統括部人財開発部の川隅加津年さんは、こう話す。

「日本市場がこれから爆発的に伸びることは考えにくいので、グローバル市場で規模を大きくしていきたい。ただ、世界のトップとは大きく水をあけられている」

ナイキの売り上げは約2兆5000億円で、3位のプーマは約4200億円、アシックスは2014年3月期で約3270億円の見込み。まずはプーマに追いつけ、追い越せと奮闘している。

神戸の本社は、グローバル市場全体をコントロールしていく機能を備えるべく転換中だ。グローバル市場で戦うには、これまで経験してこなかった新たな課題やタスクが、さまざまな部署で発生している。

たとえば人事では、日本の従業員のみを対象にした制度と、グローバルを前提とした制度では、国ごとの法律や文化の違いなど、考慮すべき範囲が一気に広がる。そこで、グローバルでの人材マネジメントの経験者を大手製薬メーカーから採用した。採用時の年齢は42歳。「課題を解決できる人であれば、年齢は問わない」と、川隅さんは語る。

次ページクライアント企業が変化する先を行くアクセンチュア
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT