今、体育会学生を企業がここまで欲しがる理由 

あのスポーツ人材会社が見せた採用の「熱量」

最近では多くの一般学生がインターンシップを経験して就活を進めるが、体育会学生はそうした時間が取れずにスタートが遅れ、情報量も少ない。そこで自己分析やエントリーシートの書き方、イベントへの参加を促すなど、直接面談し、就活の初期から二人三脚でサポートしていくわけだ。

とはいえ、そうしたサポートがネットでは不可能、というわけではない。非効率にも思えるリアルの機会を重視するのはなぜなのか。そこには採用側の悩みがある。

「ネットで多数のエントリーがあっても、その後のケアができなければ多くの学生が離脱してしまう。体育会学生は情報量が少なく、エントリー数も少ない。ネットでは有名企業でなければエントリーすらしてもらえない」(事業企画室長の久保谷友哉氏)。こうした欠点を小まめなコミュニケーションでカバーしていくわけだ。学生にとっても「こんな会社があったのか」といった気づきになる。

学生の志望が最優先となるため、すべての学生がスポナビの顧客企業に就職するわけではない。上位校の学生の場合、9割以上が顧客ではない企業に就職するという。それでもリアルの取り組みを続けてきたのは、体育会学生は先輩やコーチ、顧問などのアドバイスを頼りに就活を行うケースが多いからだ。実際、スポナビは会員の約7割がこうした口コミをきっかけに登録しており、毎年会員数を伸ばしている。

元なでしこジャパンのトップ選手が現場に

日々、学生と企業をつなぐスポナビには、驚異の経歴を持つアスリート社員がいる。営業を担当する高木ひかり氏はなんと、女子サッカー、なでしこジャパンの一員だ。

女子サッカー日本代表、元なでしこジャパンの高木ひかり氏。「アスリートの気持ちはいちばんわかる。スポーツと仕事を両立させるデュアルの仕事もやっていきたい」と語る(写真:スポーツフィールド)

2002年の日韓W杯を機に、小学生から男子に交ざってサッカーに打ち込み、15歳でU-16(16歳以下)の日本代表に選ばれた。U-17女子W杯では準優勝も果たしている。常葉大学附属橘中学校・高等学校、早稲田大学へと進学し、卒業後はノジマステラ神奈川相模原に所属。そこで日本代表に選出されたトップアスリートである。

輝かしい経歴を持つ高木氏だが、2018年12月に25歳で引退。「選手なら誰でもW杯や五輪で結果を残したい。でも、それが厳しいことは本人が一番わかっている。サッカーだけでなく、いろいろなことを経験し、幅を広げたいという思いもあった」(高木氏)。競技と向き合う中で、一流選手ならではの葛藤があったようだ。

スポーツフィールド入社後は営業として企業に赴き、自身の経験を基に、学生のサポートにも取り組んでいる。そんな高木氏が体育会学生の強みとして指摘するのが、自己解決できる能力の高さだ。「競技では、今の自分に足りない点に対してどう努力し、どうすれば解決できるかを常に考えている。PDCAを回すような考え方が身についているので、仕事も方向性を伝えるだけで前向きに動くことができる」。

採用する企業も、上下関係をわきまえた礼儀正しさや同僚とのコミュニケーション能力、粘り強く仕事に取り組む姿勢などを評価し、体育会学生を求める傾向が強まっているという。「スポーツしかやってこなかったから……と話す学生もいるが、何にも染まっていないからこそ、備え持った能力でなじんでいくことができる」(高木氏)。「私自身も社会人としての経験は少ない」と語る高木氏だが、アスリートならではの視点で企業と学生をサポートし、自らの仕事の幅も広げていくつもりだ。

次ページ挫折を経験したことこそ強み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT