マイクロソフト、音声操作機能を正式発表

米アップルの音声認識ソフト「Siri」に対抗

4月2日、米マイクロソフトは、音声による機器のアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」を開発したと正式に発表した。写真はウィンドウズ・フォン担当幹部のジョー・ベルフィオーレ氏。米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 2日 ロイター] -米マイクロソフトは2日、音声による機器のアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」を開発したと正式に発表した。米アップルの音声認識ソフト「Siri(シリ)」への対抗サービスとなる。

コルタナが発表されるとの観測は、この数カ月間に市場で広まっていた。

コルタナでは音声による指示でウェブ検索したり、アラームをセットしたり、電話を掛けたりすることなどが可能となる。

ウィンドウズ・フォン担当幹部のジョー・ベルフィオーレ氏は、コルタナはまだ最終チェック段階にあるとしつつ、近いうちにウィンドウズ・フォンに搭載される標準機能になると述べた。

同氏はまた、スマートフォンソフトウエアの最新版となる「ウィンドウズ・フォン8.1」について、数カ月以内に顧客に対しダウンロードを可能にするとしたほか、同ソフトウエアを搭載した新たなスマートフォンは今月下旬もしくは5月上旬に店頭に並ぶとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。