マイクロソフト、音声操作機能を正式発表

米アップルの音声認識ソフト「Siri」に対抗

4月2日、米マイクロソフトは、音声による機器のアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」を開発したと正式に発表した。写真はウィンドウズ・フォン担当幹部のジョー・ベルフィオーレ氏。米カリフォルニア州で撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 2日 ロイター] -米マイクロソフトは2日、音声による機器のアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」を開発したと正式に発表した。米アップルの音声認識ソフト「Siri(シリ)」への対抗サービスとなる。

コルタナが発表されるとの観測は、この数カ月間に市場で広まっていた。

コルタナでは音声による指示でウェブ検索したり、アラームをセットしたり、電話を掛けたりすることなどが可能となる。

ウィンドウズ・フォン担当幹部のジョー・ベルフィオーレ氏は、コルタナはまだ最終チェック段階にあるとしつつ、近いうちにウィンドウズ・フォンに搭載される標準機能になると述べた。

同氏はまた、スマートフォンソフトウエアの最新版となる「ウィンドウズ・フォン8.1」について、数カ月以内に顧客に対しダウンロードを可能にするとしたほか、同ソフトウエアを搭載した新たなスマートフォンは今月下旬もしくは5月上旬に店頭に並ぶとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。