米バンカメの第1四半期は45%の大幅減益に

貸倒引当金の計上額は36億ドルにのぼる

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が15日に発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大で貸倒引当金を積み増したことから、45%の大幅減益になった。ノースカロライナ州シャーロットで2010年1月撮影(2020年 ロイター/CHRIS KEANE)

[15日 ロイター] - 米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が15日に発表した第1四半期決算は、新型コロナウイルスの感染拡大で貸倒引当金を積み増したことから、45%の大幅減益になった。

純利益は40億ドル。希薄化後1株利益は0.40ドル。前年同期は73億ドルだった。貸倒引当金の計上額は36億ドルに上った。

低金利などを背景に純金利収入は2%減の121億ドル。一方、企業向け平均貸出金残高は拡大し、570億ドル(6%)増の9540億ドルだった。

UBSのアナリスト、サウル・マルティネス氏は、バンカメのクレジットカードへのエクスポージャーが比較的小幅なことなどから、同行は他行よりも容易にコロナ禍を乗り切ることが可能と指摘。「信用状況について言えば、バンカメが主要行の中でトップクラスだろう」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT