「バラエティ番組崩壊」コロナが招く大きな危機

人気タレントの感染に頭抱えるTV関係者たち

そもそも「バラエティ番組にやたらと多くのタレントが出ている」というのは日本独自の文化だ。アメリカなど海外のテレビ番組では、必要最低限の出演者しか出ていないことが多く、いわゆる「ひな壇」や「ガヤ芸人」といったものは存在しない。トーク番組であれば、ホストとゲストが一対一でじっくり話をする。それだけで十分なのだ。

今の日本のテレビでは、にぎやかに見せるための画作りに多くの費用と労力がかけられている。スタジオのセットが派手だったり、出演者が多かったりするのはそのためだ。そういったものの一つ一つが本当に必要だったのかを見直すために、今回の騒動はいいきっかけになる。

映像が派手かどうか、にぎやかに見えるかどうかといったことよりも、本当に面白いものを見せているのかどうか、ということがこれからは重要になる。

「テレビのYouTube化」が進む可能性も

現在、若者を中心にYouTubeの人気が高い。YouTubeで個人が制作する映像コンテンツは、映像自体のクオリティや派手さではテレビ番組には及ばないものが多い。。だが、内容自体が面白かったり興味深かったりするために熱く支持されている。

多くの企業や組織でもテレワークが導入され、自宅で仕事をする人も増えている。その中で、これまで慣習として何となく続けられてきた無駄な会議や、具体的な仕事を何もしていない無駄な社員があぶり出されたりもしている。

テレビ業界でも似たようなことは起こるだろうし、個人的には起こってほしいと思っている。コロナ騒動の先にある可能性の1つは「テレビのYouTube化」である。

YouTube内の優れたコンテンツのように、先鋭化された面白さそのものをぶつけるような試みによって、テレビの世界はがらっと変わるだろうし、そこから新しいものが生まれる可能性がある。テレビ好きとしてはそれを楽しみにしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT