景気回復の形はV字かU字かナイキのロゴか

急収縮した経済活動の先行きをどう見るか

 新型コロナウイルスの感染流行に伴うロックダウンの後、世界経済の回復はどのような形状になるのだろうか。写真は北京で7日撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[ロンドン 9日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の後、世界経済の回復はどのような形状になるのだろうか。急回復のV字形か、緩やかなU字形か、いったん回復した後に2番底に入るW字形か─。

50人強のエコノミストを対象にしたロイター調査で、今年の世界経済の成長率予想は平均でマイナス1.2%。レンジはマイナス6%からプラス0.7%だ。

INGリサーチのマクロ部門責任者カルステン・ブルゼスキ氏は、現在を「ウイルス主導の氷河期」と名付け、「わずか数日か数週で経済活動が100からゼロへ急停止した」と指摘、先行きを見通すのは極めて難しいと語った。

今後の展開で議論されているシナリオは次のようなものだ。

可能性が高いのは「U字型」か

1.V字

成長率が急低下するが、回復も急な最善のシナリオだ。今年第2・四半期の国内総生産(GDP)は過去数十年間に見られなかった規模のマイナス成長になる可能性が高い。だが全世界で10兆ドルを超える財政と金融の経済対策が導入され、同じぐらいに急速な景気回復を助ける可能性がある。

ナットウェスト・マーケッツのグローバルエコノミクス部門の共同責任者、ロス・ウォーカー氏は「第3、第4・四半期は経済活動の再開に伴い、かなりの回復が見込める」と話した。

2.U字

U字回復では景気回復に数四半期以上の期間を要する。世界経済が08-09年当時よりも急速に深く収縮するとすれば、これが最も可能性の高いシナリオかもしれない。

U字回復はINGのブルゼスキ氏の基本シナリオだ。同氏は、ロックダウンの影響は解除後もしばらく続くと予想。「ロックダウンは緩やかに緩和され、社会的距離は保ち続けられ、観光産業の打撃は続く可能性が高い」と語った。

次ページW字、L字、ナイキのロゴマークのシナリオも
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。