医師が教える「コロナ感染データ」の正しい見方

誤読、デマを防ぐためのヒント

このすでに治癒した方、亡くなられた方の数字は、世界地図の右側に表示されています。

いちばん右側の治癒した方の数字は、このマップの中で唯一、皆にとって明るいニュースかもしれません。いちばん上の国は感染がいちばん初めに起こった中国になりますが、すでに7万7000人を超える方が治癒していることがわかります。多くの方が、長い戦いを経て、よくなっておられるという事実はどの国にとっても、支えになるのではないかと思います。

一方で、その隣には最も悲しい現実である、死亡者数も列記されています。イタリアやスペイン、フランスではすでに1万人を超える方が亡くなっている現実がわかります。

これらの死亡者は、診断されてからさらに1週間や2週間、あるいはそれ以上経ってから残念ながら命を落とすという結果になっているはずですから、左側の地図でActive Casesという円が非常に大きい地域では、この後、遅れて増えてくることが予想されます。タイムラグを意識して数字を見る必要があります。

データセンターの見方

次に、データセンター(Data Center)というところに目を移してみましょう。

こちらには、新規感染者の推移を確認できる”NEW CASES”と各国での死亡率を確認できる”MORTALITY ANALYSES”の2つのページが用意されています。

次ページまずはNEW CASESの見方から
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。