安倍首相が緊急事態宣言、5月6日まで外出自粛

東京や大阪など7都府県に対して正式要請

J安倍晋三首相は7日の新型コロナウイルス対策本部の会合で、新型コロナウイルス感染症が、国民生活や経済に重大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したとして、特措法に基づく緊急事態宣言を発出すると正式発表した。写真は4月6日、東京の首相官邸で撮影(2020年 Franck Robichon/代表撮影)

[東京 7日 ロイター] - 安倍晋三首相は7日の新型コロナウイルス対策本部の会合で、新型コロナウイルス感染症が、国民生活や経済に重大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したとして、特措法に基づく緊急事態宣言を発出すると正式発表した。

東京や大阪など都市部での感染者拡大、肺炎の重症頻度が高く、感染経路を特定できない例が増加している状況を重視した。期間は5月6日まで約1カ月間。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県。その間は人と人との接触を7-8割削減を目指し、外出自粛を要請。うまくいけば「2週間後には感染者増加をピークアウトできる」との見通しを示した

 

(浜田寛子、竹本能文)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT