《ディズニーの正体》日本向けに生まれ変わる! ディズニーの人気作品


 というのも、丸山氏は米国でスティッチに出会って以来すっかりファンになり、世界各国のスティッチグッズを収集するほどの自称“スティッチおたく”だったのだ。

そんな丸山氏とディズニーは、日本人の心に届く「スティッチ」を作るために原作の持つテイストとどう折り合いをつけていったのだろうか。

「原作と大きく異なるのは、物語の舞台を、ハワイから沖縄の架空の島に変えた点。日本の人の共感を得やすく、かつ、日常とはちょっと離れた場所で、ハワイに通じるトロピカルな雰囲気があることなどが決め手になった。

それから原作のリロの代わりに、日本人のユウナという女の子を配した点。スティッチ自身は性格も設定も変えていない」(カックス氏)。

米本社には、どのような作品を作るかについて企画段階でリポートを出し、最初に承認を得ただけで、横やりが入ることはまったくなく、日々の制作については日本で完結した。

丸山氏も、表現上の不自由はほとんど感じなかったという。「大好きなスティッチの世界を、大きく変えるつもりはもともとなかった。その世界の中で、自己規制することなくやりたいことは何でもやってみた。気をつけたのは、情緒過多にならないようにすることと、スティッチをいい子にしすぎないことくらい」(丸山氏)。

ただ、絵の動きについては一般的な日本のアニメに比べて約3倍の枚数の動画を使用。米国のアニメ並みの動きに近づけた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。