《ディズニーの正体》日本向けに生まれ変わる! ディズニーの人気作品


 ディズニー作品であることはどう意識したのか。

「ディズニーらしいクオリティと原作の持つ物語性を大切にすること。自分たちのやり方でいいのかどうかは、視聴者の声を聞いてつねに確認している」と、カックス氏。シーズンの始まる前、終了後、放映期間は毎週モニター調査を実施し、集めた声を番組制作に反映させている。

シーズン2では、シーズン1放映中に出てきた「ユウナの生活がもっと知りたい」「冒険の要素を強化して」「もう少しストーリーを複雑に」といった要望に対応しているという。

ディズニー・ジャパンでは、『スティッチ!』のほか、短編アニメ『ファイアボール』などを日本向けのコンテンツとして制作している。これらは、目の肥えた日本の視聴者に受け入れられ、人気コンテンツに育っている。また、ローカライズに成功した作品は、ローカルでの人気を背景に、アジアへ、そして世界へと配信されるという道をたどろうとしている。

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。