ダイハツ「タント」が、N-BOXに勝てないワケ

軽ワゴン史に見る「新しい価値」の重要性

4代目となる新型タントでは、地域に根差した活動と、高齢化社会という日本が将来的に抱えていく社会問題と対面しながら、バリアフリーの概念を商品に結び付ける取り組みが行われている。

それによって、フルモデルチェンジをした昨2019年は、11月にN‐BOXの台数を超え1月で2万台超の販売を記録した。

ディーラーオプションのミラクルオートステップ(写真:ダイハツ)

福祉車両においても新型タントは充実をはかり、後付けのステップや手すりなど、補助的な装備を追加できる自在性のある車両開発を行っている。ここには、販売店と顧客との結びつきを継続的に強化していこうとする視点も入っている。

ただの改良ではない新鮮味が必要

一方で、新型タントに試乗すると、クルマとしての新しい価値を感じにくいのも事実だ。

タントという価値が不要であるという意味ではなく、タントという価値はすでに先代モデルでも満たされているのではないか、との思いにさせられ、クルマとしての新鮮味に欠けるのである。

2代目「N-BOX」は2017年に登場(写真:本田技研)

同じ意味で、2代目となり、なお販売が好調のN‐BOXでさえ、初代の継承でしかなく、改良版という以上の何かがあるわけではない。2代目へとフルモデルチェンジする直前、前任の浅木LPLに「2代目をどう思うか」と尋ねると、明確に答えず、ただ首をかしげるだけだった。浅木LPLの目にも、2代目の取り組みに物足りなさを覚えたのだろう。

したがって、3代目N‐BOXへ向けては、ミニ・ミニバンの価値は継承するとしても、そこに時代を反映した何かが加わらなければ、人気が崩れる懸念も残る。例えば、軽自動車の電動化という側面において、ホンダもダイハツも、スズキや日産、三菱に後れを取っている。

スズキのスペーシアも年間販売台数でN‐BOXに次ぐ2位を獲得する勢いを持つが、「スペーシアでなければ」という強みはない。クルマとして全方位で「よくできたスーパーハイトワゴン」という水準にとどまっている。だから、N‐BOXを抜くことができずにいるのだ。

もしN‐VANがEVで出てきたらと思うと、脳に刺激が走る。

次ページN‐WGNより売れたN‐VANの価値とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT