ダイハツ「タント」が、N-BOXに勝てないワケ

軽ワゴン史に見る「新しい価値」の重要性

スーパーハイトワゴンを持たなかったホンダがN‐BOXを開発するに際して、競合他車に勝てる道を選ばず、独自のミニ・ミニバンという価値を目指した背景に、そうした浅木LPLの、かつての苦境から立ち上がった成功体験が生きている。

初代「N-BOX」は2011年にデビュー(写真:本田技研)

したがってミニ・ミニバンの言葉通り、初代N‐BOXに試乗してまず感じたのは、まさにオデッセイやステップワゴンといったミニバンの運転席からの景色であり、運転感覚であった。それは、タントともスペーシアとも違った。

ミニ・ミニバンというからには、登録車のミニバンに通じる室内空間と利便性を備える必要がある。そこでN-BOXの浅木LPLは、「ステップワゴンを超える広さ」の実現に取り組んだ。

すべての人に安心で扱いやすいクルマに

もちろん、軽自動車規格を超える寸法の確保はできないが、ホンダが長年クルマ作りの思想として継承してきた「MM思想」、すなわち「マンマキシマム・メカミニマム」の考えにそって、荷室広さを追求した。

そこに貢献したのが、初代「フィット」以降の登録車で基盤となったホンダ独創の「センタータンクレイアウト」を採用するプラットフォームだ。これにより、車体後半の空間を大きく確保でき、N‐BOXは自転車をそのまま載せることができた。

ホンダが制作した初代「N-BOX」の自転車積載イメージ(写真:本田技研)

「子どもを迎えに行った親が、子どもが出かけるときに乗っていった自転車を簡単に持ち帰れるように」というのが浅木LPLの狙いの一つであり、それは生活者の安心を思っての配慮であった。独創技術を消費者のためにという考えは、まさに本田宗一郎の世のため人のための思想に通じる。

タントは子育て家族に狙いを絞り、それが的を射た。一方で、消費者を限定した。しかしN‐BOXは、生活者すべてにとって安心して扱いやすいミニ・ミニバンという価値を提供した。それは働くクルマとしても魅力的に映り、今日の「N‐VAN」という発想がつながっている。

軽自動車は、寸法的制約を持ちながら、ユーザーニーズに合わせたさまざまな車種が発売されたことで、新車市場の3割以上を占めるまで成長を重ねた。

次ページバリアフリーを取り入れたタント
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT