今慌てて不動産を買っては絶対にいけない

バブル崩壊の次のステージで起きることは

5日(日)は阪神競馬場の芝2000メートルでG1競争の大阪杯が行われる。阪神競馬場では春競馬のフィナーレ的なG1である宝塚記念が行われるが、近年さらに2000mの古馬G1としてこのレースが格上げされた。たぶん、JRAは阪神競馬場の格を上げたいのだろう。

大阪杯の本命は牝馬のラッキーライラック

さて、その「新興G1」の大阪杯だが、今年は好メンバーがそろった。

本命は、5歳牝馬で目下本格化したラッキーライラックだ。阪神競馬場に適性があり、この距離のスピード競馬は本馬の切れ味が生きる条件だろう。

実績のある強い牡馬が何頭も出ているが、ディープインパクト産駒らしからぬ小回りコース適性があって、スピード競馬に強いワグネリアンを対抗に採る。

4歳牝馬のクロノジェネシスも馬場と距離の適性があって魅力的だが、4カ月前のエリザベス女王杯(G1)では2キロ軽量の負担でラッキーライラックに負けている。騎手の力量差も含めて、単穴とする。

地力と実績のある、ダノンキングリー、ブラストワンピース、地味に調子が戻ってきたマカヒキ、前走スタート後に大きな不利があって競馬にならなかったロードマイウェイが押さえ、というのがオッズを見ないで行う筆者としては普通の予想だ。

馬券的には、手広く買うのはつまらないので、人気落ちしそうなロードマイウェイと本命のラッキーライラック、それに実力の割にオッズが付きそうなワグネリアンを強調したい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT