激変、東大生の就活!新御三家はこの3社!

商社、金融を押しのける 人気のメガベンチャー

外資系の金融機関やコンサルティング会社が、総合商社とともに東大生の就職先の「御三家」と呼ばれたのも、今は昔。2008年のリーマンショック以降、特に外資系金融の人気はピークを打った。代わりに「新御三家」として台頭したのが、ディー・エヌ・エー(DeNA)、グリー、サイバーエージェントの「メガベンチャー」3社だ。

各社は有力大学の優秀な学生を積極採用している。昨秋、希望退職を募ったグリーは、14年卒の採用は非開示だが、サイバーエージェントはここ数年、毎年200人前後を大量採用。また、DeNAは14年春入社の採用で東大生を28人も獲得、今や東大生の就職先として有数の存在になった(下図)。

3社の中でもトップ層の学生たちを引き付けているのがDeNAだ。一橋大学大学院修士2年生で、すでに音楽プロデューサーとしてプロ契約を結んでいる中嶋竜太さん(25)も、複数の外資系企業の内定を蹴って同社を選んだ。

乱暴な言い方をすれば、現状のDeNAはソーシャルゲームの会社でしかない。しかも、近年はパズドラなど他社のゲームが台頭し、一時ほどの勢いはない。何がそんなに魅力的なのか。

マッキンゼー出身の南場智子氏が創業したDeNAは、ロジカルシンキングと猛烈な仕事量を追求する「知的体育会系」の企業だ。「社員が思考の速さ、深さ、正確さを兼ね備えていて圧倒される。こんな人たちがいるのかと驚いた」。前出の中嶋さんはそう語る。

次ページとにかくボコボコにされる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT