本家より先に黒字化、中国版ツイッター上場へ

ウェイボーは上場後も中国に力点を置き続ける

(写真:Imaginechina/アフロ)

中国版ツイッターで最大の微博(ウェイボー)が米国で上場する。3月14日公開の申請書類で、最大5億ドルの資金調達をすることが明らかになった。

2009年から同社が開始したサービスは、「マイクロブログ」といわれるジャンルの短文投稿サイト。英語版もあるが、ほとんどが中国語の投稿だ。中国では政府のネット規制が厳しく、米国発のツイッターやフェイスブックはほとんど使えない。そんな背景から、中国独自のウェイボーの人気に火がついた。

2011年末に約7300万人だった月間利用者は、2013年末で約1.3億人に拡大。2013年11月に上場したツイッターの半分の規模に成長している。収益面では2012年前半から売り上げ計上が始まり、2013年12月期の売上高は約1.9億ドル。このうち広告が8割を占める。最終損益は約3800万ドルの赤字。だが、四半期別では右肩上がりとなっており2013年10~12月期に2156万ドルの黒字を計上している。年間売上高約6.6億ドルのツイッターは直近四半期も赤字、収支の黒字化では一歩先んじた。

ウェイボーは、中国国内におけるユーザーの拡大を主眼に置く。ただし同国には日本のLINEのようなメッセージングアプリ「WeChat」やフェイスブックを模した「人人網(レンレンワン)」などのライバルも。世界を見渡せば、強敵はさらに多い。上場資金を手にするウェイボーが描くライバル打破のシナリオが問われる。

週刊東洋経済2014年3月29日号<24日発売>ニュース最前線より転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT