熱帯林に消えた死の鉄路、泰緬鉄道の戦後75年

「平和と繁栄のルート」への再生も可能だ

ザミ川に残る泰緬鉄道の橋脚と橋台(筆者撮影)

ミッドウェー海戦の大敗で制海権を失った日本軍は1943年10月、ビルマ(現ミャンマー)への補給路を確保するため、タイ・ノンプラドックとビルマ・タンビュザヤを結ぶ全長415㎞区間の鉄道を、1年3カ月の突貫工事で開通した。

両国名の漢字表記から「泰緬(たいめん)鉄道」といわれるが、今もミャンマーやタイ、欧米では「Death Railway」(死の鉄道)の名の方が通りがよい。工事に駆り出された多数の連合軍捕虜やアジア人労働者が、熱帯病と栄養不足で犠牲になったためだ。

タイ側は観光地化

建設現場での連合軍捕虜と日本兵を描いた映画『戦場にかける橋』と、テーマ曲「クワイ河マーチ」は世界的に知られ、線路の一部が残るタイ側では、カンチャナブリのクワイ川にかかる鉄橋が観光地と化している。

編集部作成

一方のビルマ側は終戦直後、英国軍が抑留日本兵を使い、全約100㎞区間のレールをすべて撤去した。その後、ミャンマーでは現在に至るまで国軍と各地の少数民族武装勢力の内戦が続き、廃線区間の大半は内戦地域に入ってしまった。戦後75年を経て、ビルマ側区間はどうなっているのだろうか――。

タイとミャンマーを分ける山間部の国境地帯に、「スリーパゴダパス」というエリアがある。タイ側の広場には仏塔(パゴダ)が三基並び、ミャンマー側はビルマ語で「三つの仏塔」を意味するパヤトンズという町がある。国境事務所前の草地には、長さ20mほどのボロボロに錆びた2本のレールが置かれている。泰緬鉄道はこの付近を通過していた。

ここから南東方向に、ミャンマー少数民族・モン族の武装勢力「新モン州党」(NMSP)の支配地域がある。約1000人が住む集落はNMSPの自治が営まれ、政府や国軍の影響力は及ばない。集落のモン語名は、日本語に訳すと「ニホン・イド村」という。NMSPが戦後に一帯を収めた際、日本軍が残した井戸から名付けた。

次ページ「病院」には医師がいない
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT