休館中サンリオピューロランドが話題沸騰の訳

Twitterトレンド入りで見えた"真髄"

サンリオ公式サイトの「ソーシャルメディアポリシー」ページによると、同社が運営・管理するSNSアカウントは59にものぼる。2015年11月には「サンリオ男子」というアカウントを開設。アニメ風のイラストで、男子高校生キャラクターが、サンリオに夢中になる様子を発信。フォロワー数は、19.9万人。一時的なキャンペーンではなく、2020年3月現在も継続的に更新している。

「サンリオ男子」公式twitterより(©1975, 2020 SANRIO CO., LTD.)

2018年には、同社不動のエース「ハローキティ」がYouTuberデビュー。YouTubeチャンネル「HELLO KITTY CHANNEL」で積極的な動画配信をしている。

同チャンネルには、外出自粛ムードで自宅育児を余儀なくされているファミリー層からも、喜びの声があがっている。サンリオピューロランドの目玉である「ミラクルギフトパレード」や、新作ショー「ハローキティのイルミネーションショー『SPARKLE!!~Sweet Lights~』」など、休館中の施設内の様子を配信しているのだ。

シュールな動画にコアファンも大ウケ

中には、キャラクターが1分半以上にわたり「後ろ姿でお尻をふりふり」するだけの、マニア向けのシュールな動画も。これがサンリオのコアファンに大ウケ。地味な内容ながら、公開後約2週間で10万回以上も再生された。

YouTube動画「みんなでやると楽しさ100倍!【ハローキティチャンネル緊急企画③ ポップコーンマシーン】」より(©'76,'93,'96,'17,'20 SANRIO 著作 株式会社サンリオ )

コンテンツ発信の狙いについて、担当者はこう語る。

「新型コロナウイルスが猛威を振るう中、日々不安なニュースが流れ、暗い気持ちになってしまう方もいらっしゃると思います。そんなときだからこそ、キャラクターたちの可愛らしい姿をお届けし、サンリオピューロランドを思い出していただくことで、皆さんに少しでも笑顔になっていただきたい。そんな気持ちで発信しております」

次ページ業績改善に大きく貢献した館長の手腕
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。