休館中サンリオピューロランドが話題沸騰の訳

Twitterトレンド入りで見えた"真髄"

世界中で猛威を振るう、新型コロナウイルス(COVID-19)。ライブイベントの開催自粛をはじめ、エンタメ業界に大打撃を与えている。テーマパークも例外ではない。

サンリオグループで「サンリオピューロランド」を運営するサンリオエンターテイメント(以下、サンリオエンタ)は2月21日に、同施設の臨時休館を発表、翌日からの休館に踏み切った。室内型テーマパークで、天候に動員を左右されないのが強みだが、屋内空間に長時間滞在することを心配する声にいち早く対応したかたちだ。

「多くのサンリオファンの方にご来場いただいている中での休館でしたため、業績上マイナス影響もあり苦渋の決断ではありました。しかし、遊びにお越しくださるお客様と従業員の安全を考えると、この決断はやむをえませんでした」(サンリオエンタ)

競合であるオリエンタルランドが、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの休園決定を発表したのは、2月28日。サンリオピューロランドの判断は、ライバルより1週間早かった。同館はさらに3月20日に4月上旬まで臨時休館を延長することを発表している。

サンリオエンタは、他社の動きを伺ったわけではなく、サンリオピューロランドとしてどのように対応すべきかを検討していたという。

休館前から、除菌アイテムを施設内に多数配置。スタッフも、除菌・マスクを着用するなどのできる限りの対策を講じていた。同館内での感染事例はまだないものの、「『何か起きてしまう前に』と、お客様・スタッフの安全を考慮し、臨時休館に踏み切りました」(サンリオエンタ)という。

サンリオの巧みなSNS発信は、たびたび話題に

筆者が2020年1月に家族と訪れた時の様子(写真:筆者撮影)

サンリオの巧みなSNS発信は、今回に始まったことでなく、従来よりたびたび話題となっている。

次ページ59にものぼるSNSアカウント
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。