20代で1000万稼ぐ若手社員の意外と知らない姿

トップキャリアの彼らを3パターンに分類

この中でエスタブリッシュメントタイプは、最もバリエーションが多いです。能力に自信がある人は、外資系コンサルティングファームや外資金融などへ。行動量に自信がある人は、外資生保などガッツタイプへ。それぞれ別の領域へ挑戦します。

また一部の勇気ある人は、今回の分類に含まれないITベンチャー系企業に転職するケースもあります。仕事やカルチャー面での刺激を求めて転職する傾向にありますが、ただもともと所属していた企業は、待遇が非常に恵まれています。実際に転職活動で他社の実態を知り、想像とのギャップに苦しむ人が少なくありません。

ガッツタイプはシンプルな営業の業務内容が中心になるため、入社4年〜5年目あたりから急激に飽きてくる方が多いのも事実。そのためほかの2タイプに転職しようとするわけですが、エスタブリッシュメントタイプの企業は狭き門で、入ろうと思っても入れません。天才タイプが山のようにいる外資コンサル、外資ITは求められる能力がまるで違います。

結局、似た傾向のある業界・商材を持つ企業への転職を余儀なくされます。しかも彼らの持つ武器は営業力だけ。ナレッジなどのキャリアとしてのストック資産が少なく、年数を重ねても足で稼ぎがちです。30代、40代以降で仕事に飽きたり、体力が落ちてきたとしても同じ生活が送れるのか。そういったジレンマを、ガッツタイプは影ながら抱えているのです。

天才タイプの場合、PE(プライベートエクイティー)ファンドやベンチャーキャピタルなど、さらに専門性が必要であったり難易度の高い仕事を求めての転職が目立ちます。ファンドビジネスは、コンサルティングファームで培った経営ノウハウを生かして投資先の経営陣として経営を立て直し、V字回復したところで売却して差益を得るビジネス。難易度もプレッシャーも大きいため相応の報酬がもらえますし、ファンドの収益から本人にも一定インセンティブが支払われるので、年収2000〜3000万円に到達する人もいます。

さらに挑戦的な人は、起業したりメガベンチャーにジョインしたり、スタートアップの役員になってストックオプションを得たりと、サラリーマンとして稼ぐというよりも遠くの世界へ旅立つ印象です。一方で、あまりの激務や責任が重くのしかかる環境に疲れ、こうした世界からドロップアウトしてしまう人も一定数います。

ドロップアウトした人は、一定期間で見切りをつけてエスタブリッシュメントタイプの大手日系企業の経営企画などのスタッフ職に転職するケースも多く見受けられます。

トップキャリア20代も、転職で悩んでいる

ただこうした分類に当てはまらず、最近の20代はフリーランス、アフィリエイター、YouTuberなど個人で稼ぐ人も増えてきました。こちらは行動量と知識の両方があれば実力主義でリターンを得られるため、行動量がとにかく多いガッツタイプと共通するでしょう。優秀で自分に自信のある天才タイプからも、この新たな世界に挑戦する人が少しずつ登場し始めています。

20代トップキャリアは、それぞれの個性や強みを生かしつつ、それぞれの志向性や得意領域で高い報酬を得ています。彼らは華々しいライフスタイルを送る一方で、重い責任や次のキャリア形成に対して、一抹の不安を抱えている人もいます。次回以降は、実際に年収1000万円以上を稼ぐ20代の声を聞きつつ、彼らの実態を掘り下げます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT