先進国とは真逆を行く「日本のヤバい小学校」

隣国の悪口を吹き込まれる、組体操は要注意

2015年9月には、大阪府八尾市の中学校の運動会で計157人が参加の
10段(!)の「人間ピラミッド」が崩れ、1人が骨折、ほかの生徒も5人が軽傷ではあるもののケガを負う事故が発生しています。市教委が、市内の全小中学校を対象に調査をしたところ、2006〜2015年の10年間に36校で計139人が組体操の練習や本番中に骨折していたことが判明しました。

平成16年にスポーツ庁が「安全にできない場合は実施を見合わせるべきだ」という通知を出していますが、結局のところ「やるかやらないか」の判断は各学校に委ねられています。今までたくさんの事故が起きているにもかかわらず、「組体操は全国で100%中止」という結果にはならず、地域や学校によって「現場に任されている」のが実情です。

子どもが大ケガをしてからではもう遅い

わが子がいつの間にか組体操をやらされて大ケガをした、なんてことになってからでは遅いので、子どもが小学校に入る前にできれば形に残るやり方で「組体操をやっているか」を学校側に問い合わせたほうがいいでしょう。

『体育会系 日本を蝕む病』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

やっている場合は、できればほかの学校に入れさせること、それができなければ、将来の転校も視野に入れてほかの学校の情報のリサーチをするのもいいでしょう。親には「イザとなったら転校」ぐらいの心構えが必要かもしれません。メールかファックスで証拠を残すのが1番ですが、難しい場合は電話で問い合わせて回答を録音しておきましょう。これもわが子のため、後に学校に「そんなことは言っていない」と言われないためです。

物騒なことを書くようですが、組体操やピラミッドをやっている子どもは、いつ下半身不随になってもおかしくありません。また、本人の身体的なバランス能力が優れていれば大丈夫というわけでもなく、事故が起こったときに当たり所が悪ければ大ケガをしてしまうかもしれません。

ピラミッドはなんせ人数が多いので、子ども1人ではケガしないように注意しきれないレベルです。また、「アッ」という間に崩れうるピラミッドですから、監督の先生に事故を防げる「瞬発力」があるかというと疑問です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。