「1日1分朗読」で、会話がみるみる上達する5理由

「スラスラ話せる」「語彙が増える」効果抜群!

最後の理由は、滑舌もよくなり「スラスラ話せる」ようになることです。

【5】滑舌もよくなり「スラスラ話せる」ようになる

「1日1分朗読」を日常的に行っていると、嫌でも舌の動きを意識しますし、口のまわりの筋肉もほぐれてきて、自然と滑舌もよくなってきます

また、日本人は欧米人に比べて、圧倒的に「胸式呼吸」をしている人が多いといいます。日本語は、英語に比べて少ない息でも声帯が震えて音になってしまうので、どうしても頻繁に息継ぎをして話す傾向があるそうです。

しかし、「朗読」では「腹式呼吸」で声を出します。「腹式呼吸」で声を出すと、自然と「大きく通る声」「つやのある、いい声」が出ます。元気で若々しい、とてもすてきな声です。それは聞き心地のよさにつながり、声量も自然にアップします。

朗読をすることで、滑舌もよくなり、腹式呼吸と相まって、自然と「スラスラ話せる」ようになっていくのです。

「朗読」と「音読」はまったく異なるもの

「朗読」「音読」と混同されることが多いのですが、この2つには「明確な違い」があります。「音読」は「文章を声に出す」、たとえて言うなら「独り言」です。この場合の「音読」のベクトルは自分に向いています。

本に収録した朗読見本18作品は、魚住りえ氏自身が朗読した「お手本」も聴くこともできる(画像:サウンド・シティ)

これに対して「朗読」は「人に伝える」もの。朗読になってはじめて、伝えたい相手、聞き手である「他者」が生まれます。「朗読」のベクトルは相手に向かっています。つまり、意識の向かう対象がまったく異なっているわけです。

もちろん「音読」がダメという話ではありません。朗読の効果の中には、音読による効果も含まれているからです。「ただ単に自分だけで『音読』するのではなく、世界を広げて相手に届ける『朗読』をしませんか?」というのが私の提案なのです。

朗読で「伝わる話し方」を身に付ければ、スピーチやプレゼンなど「人前で話す」ことも得意になります。語彙も増え、滑舌もよくなるなど、雑談や日常会話で「スラスラ話せる」ようにもなっていきます。みなさんもぜひ「1日1分朗読」をやってみて、「声と話し方がよくなる」ことを実感してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT